ドクターMの美容皮膚科ブログ

2016.09.30更新

ウルセラと一緒

9月末とは思えない暑い日が続いてますが、夜はチョと涼しいですね。

さて、2か月まえに新規導入したウルセラですが、スタッフや特別モニターさんに施術を受けてもらい好評を頂いております

症例を重ねていくと、メーカー推奨の打ち方をそのまま実施するよりも、オリジナルでやるほうが効果が出るような気がしてきました。

おそらく、他のクリニックの先生がたも打ち込んでいくうちにオリジナリティを出しているのでしょう。

全体的に「まんべんなく」というよりも、顔の形状を見ながら、「ここは強く重ねて」と打ち込むライン数を変えたほうが、効果を実感しやすいのではないかと思っています。

YOU TUBE上でウルセラリフトの原理をわかりやすく説明したものがありました。(他人のふんどしで相撲を取らせていただきます。。。失礼)

こちらをクリック➔https://youtu.be/ojJ2W488G6Q

 

人によって痛みの感じ方は違います。

全然我慢できるかたと、めちゃくちゃ痛いと訴える方とその感じ方は様々です。

ただし、痛みに関しては、ロキソニンなどの鎮痛剤の内服や、胃カメラで使用する鎮静剤「ミダゾラム」の点滴下での施術でなんとか緩和できそうです。

特に鎮静剤ミダゾラム(商品名:ドルミカム)は、早く覚ますための拮抗薬(商品名:アネキセート)があるので安全です。

ドルミカムを使えば、眠っている間に施術できますので、ウルセラ独特の痛みを感じることがありません。

今後はオプションで設定予定です。

(それにしても、「ドルミカム」って、「dream」が「come」するみたいで、いい名前ですね。よく眠れそう。)

 

ウルセラをやっているクリニックが、近隣であるのかググってみると、ありました、ありました。

奈良の王寺です。

「Pメディカルクリニック(仮名)」 

美容形成外科+美容皮膚科+エステもやってる本格クリニックです。

ウルセラのお値段を見てみますと、「全顔セット 432,000円」(!!)

T須クリニック並みのお値段です。。。。

ひゃあ、奈良にはお金持ちが多いのか??

これで効果がでなければ、星一徹にちゃぶ台ひっくり返されそうです。

でも、ひっくり返されないのは、しっかり打ち込めば、90%近くの有効率でウルセラリフトの効果が実感できるからでしょう。

 

機械の値段と消耗品であるカートリッジの値段と医師の時給から換算した適正価格は、当院では「全顔 216,000円(税込)」です。

私はメーカー推奨より多めのショットをする方なので、それだけ効果がでる確率が上がります。

トリニティ・プラスの「引き上げ」アプリケーターである「サブライム」を施術するときにも、普通は1000ショットぐらいだそうですが、私は1600ショットぐらい打ち込みます。

もちろん、ショット数が多いほうが熱が多く入りますので、より効果を期待できるのは当然です。

これができるのも、私自らがすべての施術を担当し、責任をもって治療にあたるからです。

ルーチンワークのようにスタッフ任せの流れ作業で済ませないからです。

思うように施術効果が出ない人もいらっしゃいますが、その際はできるだけ他のサービスを付加して満足度アップを心がけています。

せっかく、数ある美容皮膚科の中から当院を選んでくれたのですから、ときには利益度外視をしたって、いーんです!

川平慈英

ふぅ、、、我ながら、美容皮膚科にかける意気込みはアツいと思います。

内科認定医、循環器専門医でもあるが、漢方医でもあり、小児科もやりながら、美容皮膚科も極める。

ときには人生相談も請け負い、患者とともにこっそりと泣く。

毎日がエキサイティング。(疲労度は半端ねぇ、ですが)

これこそ、アンチエイジングの秘訣かもしれませんね。

 

そろそろウルセラも、キャンペーン第2弾、ぶっこみます。

体験しないとわからない、3Dリモデリングの世界を、是非体験していただきたいです。

 

次回は、トリニティ・プラスの話題です。お楽しみに。

投稿者: みぞぐちクリニック