ドクターMの美容皮膚科ブログ

2016.09.30更新

ウルセラと一緒

9月末とは思えない暑い日が続いてますが、夜はチョと涼しいですね。

さて、2か月まえに新規導入したウルセラですが、スタッフや特別モニターさんに施術を受けてもらい好評を頂いております

症例を重ねていくと、メーカー推奨の打ち方をそのまま実施するよりも、オリジナルでやるほうが効果が出るような気がしてきました。

おそらく、他のクリニックの先生がたも打ち込んでいくうちにオリジナリティを出しているのでしょう。

全体的に「まんべんなく」というよりも、顔の形状を見ながら、「ここは強く重ねて」と打ち込むライン数を変えたほうが、効果を実感しやすいのではないかと思っています。

YOU TUBE上でウルセラリフトの原理をわかりやすく説明したものがありました。(他人のふんどしで相撲を取らせていただきます。。。失礼)

こちらをクリック➔https://youtu.be/ojJ2W488G6Q

 

人によって痛みの感じ方は違います。

全然我慢できるかたと、めちゃくちゃ痛いと訴える方とその感じ方は様々です。

ただし、痛みに関しては、ロキソニンなどの鎮痛剤の内服や、胃カメラで使用する鎮静剤「ミダゾラム」の点滴下での施術でなんとか緩和できそうです。

特に鎮静剤ミダゾラム(商品名:ドルミカム)は、早く覚ますための拮抗薬(商品名:アネキセート)があるので安全です。

ドルミカムを使えば、眠っている間に施術できますので、ウルセラ独特の痛みを感じることがありません。

今後はオプションで設定予定です。

(それにしても、「ドルミカム」って、「dream」が「come」するみたいで、いい名前ですね。よく眠れそう。)

 

ウルセラをやっているクリニックが、近隣であるのかググってみると、ありました、ありました。

奈良の王寺です。

「Pメディカルクリニック(仮名)」 

美容形成外科+美容皮膚科+エステもやってる本格クリニックです。

ウルセラのお値段を見てみますと、「全顔セット 432,000円」(!!)

T須クリニック並みのお値段です。。。。

ひゃあ、奈良にはお金持ちが多いのか??

これで効果がでなければ、星一徹にちゃぶ台ひっくり返されそうです。

でも、ひっくり返されないのは、しっかり打ち込めば、90%近くの有効率でウルセラリフトの効果が実感できるからでしょう。

 

機械の値段と消耗品であるカートリッジの値段と医師の時給から換算した適正価格は、当院では「全顔 216,000円(税込)」です。

私はメーカー推奨より多めのショットをする方なので、それだけ効果がでる確率が上がります。

トリニティ・プラスの「引き上げ」アプリケーターである「サブライム」を施術するときにも、普通は1000ショットぐらいだそうですが、私は1600ショットぐらい打ち込みます。

もちろん、ショット数が多いほうが熱が多く入りますので、より効果を期待できるのは当然です。

これができるのも、私自らがすべての施術を担当し、責任をもって治療にあたるからです。

ルーチンワークのようにスタッフ任せの流れ作業で済ませないからです。

思うように施術効果が出ない人もいらっしゃいますが、その際はできるだけ他のサービスを付加して満足度アップを心がけています。

せっかく、数ある美容皮膚科の中から当院を選んでくれたのですから、ときには利益度外視をしたって、いーんです!

川平慈英

ふぅ、、、我ながら、美容皮膚科にかける意気込みはアツいと思います。

内科認定医、循環器専門医でもあるが、漢方医でもあり、小児科もやりながら、美容皮膚科も極める。

ときには人生相談も請け負い、患者とともにこっそりと泣く。

毎日がエキサイティング。(疲労度は半端ねぇ、ですが)

これこそ、アンチエイジングの秘訣かもしれませんね。

 

そろそろウルセラも、キャンペーン第2弾、ぶっこみます。

体験しないとわからない、3Dリモデリングの世界を、是非体験していただきたいです。

 

次回は、トリニティ・プラスの話題です。お楽しみに。

投稿者: みぞぐちクリニック

2016.09.22更新

ミルクピール1

台風が去った後も、秋雨前線停滞中で、すっきりしませんね。

今日のブログは、そんなもやもやを吹き飛ばす「ミルクピール」のご紹介です。

今までにも乳酸やグリコール酸単独でのピーリングはありました。

ただし、効果が期待できる濃度では皮膚刺激が強すぎて、ダウンタイムが長くなるデメリットがありました。

それを懸念した当院では、美容皮膚科開設当初から「サリチル酸マクロゴールピーリング」を施術メニューに加えて、皮膚刺激が少なく、ダウンタイムほぼ「0(ゼロ)」のピーリングを行ってきました。

「サリチル酸マクロゴールピーリング」は、患者様の皮膚状態に合わせて、塗布後の経過時間(5~10分)の長さを調節し、効果を最大限に出すように工夫しております。

施術を受けられた方からは好評をいただいておりますが、お肌の状態、特に角質の厚さ、肌紋理の不整の程度によっては、もう少しがっつりピーリングしてもよい場合もあります。

このフランスはDERMACEUTIC社(ダーマスーティック社)の「ミルクピール」は、「乳酸」「グリコール酸」そして「サリチル酸」の3つを絶妙に配合して、短時間でより効果的なピーリングを行えるように製品化したものです。

すでに多くのクリニックさんが採用されており、「美ST」などの美容雑誌にも取り上げられているので、ご覧になった方もあるかもしれません。

こちらは「銀座お肌の診療所」さんのHP

こちらは「美ST online」のサイト

まずは自分で試さないと気がすまない性分の私。さっそく取り寄せました。

ミルクピール2

 

日本語の説明書がついてますので、取り扱いに迷うことはありません。

向かって右の洗顔剤(若干グリコール酸含有。PH4.1です)でまず顔を洗います。

その後、向かって左のピーリング剤(PH1.9で、がっつり酸性です)を、付属の刷毛でささっと塗ります。

この「ささっ」が大切です。

なぜか?

マクロゴールピーリング単独ですと、強さの調整は「分」の単位なので、施術者には時間的な余裕があります。

この「ミルクピール」は、「数十秒」の単位でピーリングの強さの調節する必要があります。

ゆっくり塗っていたら、最初に塗ったところと後から塗ったところに効果(刺激)の差が出てしまいます。

説明書を読むと、平均1分ぐらいで効果は十分ありそうです。

師長の顔には標準の1分間、チャレンジャーである私の顔には2分間、置いてみました。

案の定、師長のお肌は「ツルツルして、いい感じ~」

私のお肌は、「ピリピリして、痛い~」

一番最初に塗った左の頬骨あたりが赤くなりましたので、ちょっとステロイドを塗布して寝ました。

赤くなったのは翌日まで。

その後はフツーの肌になりました。

 

但し、ニキビ跡などで、ごわごわ肌の方は、1分間では物足りないかもしれません。

ある程度強くいかないと、表面を撫でる程度で終わり、ダウンタイムゼロだけど効果もゼロ、なんてことになりかねません。

反応は人それぞれ違いますから、まず1分間から初めて、15~30秒ずつ延ばしていくのがよさそうです。

塗っている間は皮膚の色にほとんど変化がないので、いつ洗い流したらよいのかをその場で判断することが困難です。

回を重ねて徐々に放置時間を延長していくのが安全だと思いました。

(ネット上のサイトでは、「肌の観察がとっても重要!」なんて職人技のように書いてますが、それが可能で有効なのかどうか、私には疑問です・・・)

一回だけで完了する施術ではありませんので、1~2週間おきに6回ぐらい受ければ、満足のいく効果が期待できると思います。

 

他のクリニックさんをみると、なかなかの強気価格ですが、ちょっと高すぎのような気も?

マクロゴール酸ピーリング1回分の料金に、プラス1000円ぐらいで良いのでは?と考えていますが、みなさん、どーでしょうか?

 

しっかりピーリングして、フラーレン+サイトプロMDで皮膚の再生を促せば、毛穴や肌のざらつきとオサラバできるかもしれません。

フランス生まれの「ミルクピール」で、きれいになってお化粧のノリもよくなれば、彼氏も旦那もピックリざんすね。シェーッ!!

 

ラインお友達の何人かの皆様にモニターになっていただき、効果をレポートしてもらいましょう。

では、次回は「ウルセラ」の話題です。お楽しみに。

 

投稿者: みぞぐちクリニック

2016.09.15更新

マイコスメ

涼しい夜です。

こんな夜は、リラックスして読書に浸りたいところですが、自分に課した「1週間、1ブログ」のノルマをのっけから破ることなどできません。

本日のお題は、「マイ・コスメ」

美容皮膚科のカウンセリングをしていて、多くの方から聞くお悩みは「基礎化粧品、どれがいいのかわからない」といった内容です。

自分に合った基礎化粧品に出会えた方は幸せですが、相性のよいものにはなかなか出会えないのが、世の常なり。

私は職業柄、いろんなメーカーからサンプルをいただきますし、学会参加の際には企業ブースにて最新の製品を手にすることができますので、良いものに出会えるチャンスは多いのですが、それでもなかなか「これだ!」というものは多くありません。

もちろん長く使わなければ、その良さはわからないので、サンプル程度では正しい評価ができていない可能性はあります。

ところが上の写真の3品は、使って1週間で、「ん?これ合ってるかも?!」と肌がピクンと反応しました。

今はこの3つがメインです。

向かって左端の黒キャップボトルは、株式会社ITO(アイティーオー)の「APPF」

右の二つはピリカインターナショナルジャパンの「CytoPro(サイトプロ)MD」の「セラム」&「アクセラレイター」

APPF

「APPF」は皮膚吸収のよいアスコルビン酸(ビタミンC)に加え、強烈な抗酸化作用をもつ「フラーレン」が配合された美容液です。

手に取った感じは、若干とろりとして触感からいい感じ。

顔に塗った後も、ローションが若干泡立って、顔にしっかりとのっていく感覚が気持ちよい。

アスコルビン酸も、フラーレンも、肌の老化原因となる「一重項酸素」によるサビ付きをしっかり防止してくれます。

特に「フラーレン」はアスコルビン酸の100倍以上の抗酸化力があります。

50mlで5000円弱とやや高めですが、ドバドバ使わなくてもしっとり潤うので1本で2か月ぐらいは持ちます。

いまや当院スタッフの間でも大人気です。

サイトプロ

そして、今の一押しはこの「CytoPro(サイトプロ)MD」の「セラム」&「アクセラレイター」です。

このコスメの主成分は、「ヒト骨髄幹細胞培養液から抽出されたサイトカイン」です。

いきなりの医学用語っぽくて難しそうです。

ちょっとわかりやすく解説します。

 

「幹細胞」というのは、その名のとおり、身体を構成する様々な細胞に分化することのできる基本となる細胞です。

そして幹細胞は血管の中をふらふらと泳いでおり、身体のいたる所で「サイトカイン」を放出します。

「サイトカイン」は、一種の伝達物質であり、細胞の「修復」や「増殖」の命令を伝える重要な役割を果たします。

「サイトカイン」のおかげで私たちの身体は、ボロボロにならずに済んでいるわけですね。

さて、サイトカインの指令をうけた細胞は、賢いことに隣の細胞にも同じ命令を伝えます。

そのおかげで、皮膚表面に塗ったサイトカインが「成長因子」として、肌の奥深くまで「増殖」「修復」の命令を伝えることができます。

もちろん、それは「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」の増加を促し、肌のハリや質感の改善につながるのです。

 

さらに「サイトカイン」には、強力な「抗炎症作用」を持つものもあります。

老化とは、「酸化」と「炎症」による傷の蓄積の結果です。

サイトカインの抗炎症作用により、肌の損傷が最小限度に抑えられ、再生能力が上がり、肌老化のスピードを遅らせることができます。

 

この「サイトプロMD」は、「ヒト骨髄幹細胞」の培養液から抽出された72種類のサイトカインを含んだ美容液です。

攻めと守りのサイトカインを同時に送り込み、ダメージをうけた肌を生まれ変わらせます。

 

「セラム」には、これらサイトカインのほかに、コラーゲン増加効果のため「パルミトイルペンタペプチド」、肌の糖化による硬化防止のため「カルノシン」および「ギンバイカ葉エキス」などが含まれています。

「アクセラレイター」にはサイトカインのほかに、ヒアルロン酸、ホホバ種油、ビタミンE、トチャカエキス(保湿)などが含まれています。

成分だけ見ると、「セラム」だけでもよさそうですが、「アクセラレイター」を併用すると、保湿効果が増して相乗作用があるようです。

この組み合わせにして1か月も立ちませんが、明らかに肌のツヤが良くなり、頬の毛穴も浅くなってきたような印象があります。

うむむ、これは「ホンモノ」の匂いがプンプンしますぞ。

 

実はこのサイトプロ、インターネットでも一般向けに販売していますが、そちらの方が廉価です。

そのわけは、「サイトプロMD」のサイトカイン含有量は一般向け製品の2倍!!

サイトカインのコストがいかに高いのかわかります。

 

メディアでは大々的に宣伝などしていないこれらの基礎化粧品ですが、その広告費が浮いている分、成分にしっかりとコストをかけているようです。

メーカー希望小売価格は、「セラム」は28,000円、「アクセラレイター」は17,000円(何れも税別)

それぞれ30ml入りですが、ふつうに使えば2か月分です。つまり1日0.5ml程度で十分です。

これを「高い」と取るか、「妥当」と取るかは、使った本人しか判断できません。

私は、1か月24,000円の投資は「妥当」と取りました。

・・・・とはいっても、普通じゃ買えません。買う勇気すら出ません。

 

ということで、このブログを読んで「ぜひ使ってみたい」と思われた方は、HPの「お問い合わせ」からご連絡ください。

ご希望の方に、「セラム」と「アクセラレイター」のセット価格48,600円(税込)を、衝撃のディスカウント29,800円(税込)で販売いたします。

(ただし、店頭販売のみ。ご注文いただいてから、メーカーへの発注となります)

赤字覚悟ですが、そうでもしないとこんな高額商品は体験する人が限られてしまいます。

 

テレビ、雑誌で宣伝していなくても、良いものは、良い。

みんなに知って、使ってもらいたい。

ただそれだけ。

 

論より証拠が第一の美容業界ですが、玉石混合なのもこの業界の特徴です。

全て方に効果的な商品などこの世に存在しませんが、多くの方に喜んで頂ける「ホンモノ」は必ず存在します。

美容ハンター「ドクターM」は、今日も「ホンモノ」を探してさまよい歩くのです。。。。

 

あ、もう深夜1時半。シックスパット腹筋に張って寝よ。。。。

 

次回は、フランス生まれの新しいピーリング剤「ミルクピール」をご紹介予定です!

 

投稿者: みぞぐちクリニック

2016.09.08更新

ウルセラ&高橋先生

日中はまだまだ暑いのですが、朝と夜は秋の訪れを肌で感じる今日この頃ですね。

今日は、夜診終了後に宝塚ヒルズクリニックの高橋先生が来院してくださいました。

高橋先生は新進気鋭の美容皮膚科医で、今、宝塚、いや西日本で最も熱い「ウルセラシューター」ではないかと噂されているドクターです。

4年前に宝塚の「雲雀丘花屋敷」にご開業されたとのこと。

その後2年前にウルセラを導入されてから、あれよあれよと言う間に施術件数が増えて、いまでは宝塚はもとより、大阪、奈良、そしてはるか遠方からのお客様で予約一杯のクリニックに成長しております。

現在の利益優先の美容皮膚科業界に物申す!とばかりに、低料金と親身の施術で多くのリピーターをゲットされております。

その生きざまは、先生のブログにしっかりと物語られておりまして、読む人をグイグイと引き込む面白さがあります。

3か月ほどまえに、クリニックFの藤本先生が来阪された際、同じ会場でお姿を拝見したのですが、その場では会話することもありませんでした。

当院がウルセラを導入し、これからのトップメニューに掲げていくにあたり、今最も旬な先生に会いたい!とのことで、J-MECの営業担当にお願いして、高橋先生にお越しいただきました。

いや~、やっぱり成功する先生は魅力がありますね。そして、スッと先生の世界に入っていける安心感がありますね。

この先生なら、お任せしてもええかな?と思わせる何かがあります。

1時間程度でしたが、ウルセラの話、トリニティプラスの話、お互いの開業までのいきさつなど、内容の濃い時間を過ごさせていただきました。

高橋先生のところには、HIFUを使った引き上げの機械はウルセラのほかに、韓国製が一つ置いてあるのですが、やはりウルセラの洗練度にはかなわないとおっしゃってました。

施術料金はその韓国製機器のほうがウルセラより安いのですが、やっぱりお客様はウルセラに戻るともおっしゃってました。

やはりウルセラは今世紀では最高の「結果を出せる美容機器」です。

「患者満足度87%」は、嘘じゃないのです。

だからこそ、各クリニックは強気の値段なのでしょうね。

ただし、適正価格かどうかと言えば、大手クリニックはやや宣伝広告費を上乗せしすぎかな?と思います。

高橋先生は、医療の質を落とさず、無駄なコストを削減して、西日本最安値のウルセラを施術されています。

当院も、美容皮膚科診療ではあくどい商売はするつもりはありませんので(笑)、価格は極力抑えています。

まだ、HPにも詳細は載せておらず、ただ料金表のみですが、そのうちウルセラの良さをアップしていきます。

それまでは、このブログの読者の皆様は、高橋先生のHPで研究してくださいね(笑)

素晴らしい高橋先生のHP&ブログはこちら⇒「宝塚ヒルズクリニック」

 

40歳を超えたら、シミ・くすみ治療も大切ですが、しわ・たるみのケアも開始です。

40歳からコツコツ引き上げておけば、10年後、20年後には、同世代と比較してトンでもないほどの差がついているのは間違いありません。

筋トレとおなじで、一朝一夕で「美」は造られません。

それ相応の時間とお金を投資しないと、手に入れることはできません。

よく考えてみると、人生の成功者は全てそうです。

「一攫千金、濡れ手で粟」なんてことはありません。あったとしても、長続きしてませんよね。

 

これは高血圧症や高脂血症の治療にも言えます。

よく患者さんからは「先生、このお薬、一生飲まなければいけないんですか?」と聞かれます。

私はいつもこう答えます。

「いいえ、いつでも止めることができます。止めれば血圧やコレステロールの値がもとに戻るだけです。そして、あなたの血管が年齢以上に年を取っていくだけです。」

それでいい人は、それでいいのです。

健康寿命が短くなるリスクを背負う覚悟あるならば、それでいいのです。

医者から言われるから、ではなくて、自分の健康寿命を延ばすにはどうしたら良いのか、自分で考えなければなりません。

 

美容でも健康でも、「自分はどうありたいのか?」をまず考えることです。

美容オタク、健康オタクになる必要はありません。

「生き生きと背筋を伸ばして、美しい健康的な人生を生きる。」

そのために何をしたら良いのか、自分なりの答えを出して、毎日粛々と実践すればよいのです。

 

適切なアドバイスをくれるかかりつけ医が必要であるのは、美容の世界も健康医療の世界も全く同じです。

皆様の目的達成のため、さまざまな手法を紹介し、援助をする専門家としてお手伝いさせていただくのが、我々医師の役目です。

「美容も、健康も、まずはみぞぐちクリニックに聞け!」と言われるように、常に知識と人間性のアップデートは欠かさないように日々精進いたします。

 

しわ・たるみのケアの王道は、「ウルセラプラス(ウルセラリフト1回+サブライム5回コース」で⇒料金はこちら

 

 

 

 

 

投稿者: みぞぐちクリニック