ドクターMの美容皮膚科ブログ

2017.09.14更新

この10月でみぞぐちクリニックは開院から4周年を迎えます。

美容皮膚科は開院1年後からですので、こちらは3周年。

初めは、キュテラ社から光治療器のライムライトと脱毛器のプロウェイブを購入し、ほそぼそと始めました。

「流行りの美容皮膚科で儲けたろ!」というよりも、「いかにして、元気にかっこよく、きれいに年をとっていくか、徹底的に追求したい!」との思いから始めました。

一般診療での利益をとことん最新美容医療機器につぎ込みました。

日曜はアンチエイジングと美容皮膚科の研修に東京まで日帰りで行くこともしばしばです。

週に14時間程度しか開いていない美容皮膚科のために、ここまで時間と資金と労力を費やすことになるとは、振り返ってみると自分でも驚きです。

 

東京での研究会では、美容医療の第1線で活躍されるご高名な先生がたに直接質問ができます。

リアルな話が聞けます。

それを自分の実臨床にフィードバックして、はたしてその言葉が本当かどうか確かめます。

効果がでれば、「おおすごい。いった通りやん!」

効果がでなければ、「うーん、メーカーの宣伝部隊かぁ?」

 

私はもともと内科医です。10年間ぐらいは循環器内科として、心臓カテーテル治療をやっていました。

循環器内科医というのは、「心臓の専門医」で「心臓のことしかわからない」と思われがちですが、実は全く反対です。

内科の中では、一番広い知識を身に着けるように自然になっていく科です。

例えば私は、胃カメラこそしませんが、一般的な消化器内科の病気は自分で勉強して様々な薬の使い方を覚えました。

皮膚科疾患もそうです。

まず自分が診ている患者は自分で治療するように心がけました。

そのためには、専門外でも自分で勉強し治療法を会得しました。

私が、内科医ながら皮膚科治療も一般的な診療レベルに到達しているのはその姿勢を続けたお陰です。

患者さんから「先生、皮膚科も診てくれる?」と尋ねられると、ふたつ返事で「OKです!」と応えることができます。

さらに最近は、他の皮膚科で治らなかった皮膚疾患も、漢方との合わせ技で治療します。

ニキビ治療では、通常の皮膚科では扱わない治療法も自由診療として取り入れています。

 

私は、人間の体や病気に対する純粋な好奇心がかなり強いのでしょう。

自分の専門外でも、ガイドラインや教科書をひっぱりだし、最良の解決策を模索します。

ただし、難治と思われる例や重症例の場合は、患者さんの利益を最優先し、しかるべき専門家に紹介します。

その診断・治療をご報告いただき、それを自分の診断能力にフィードバックして、皮膚科診療レベルをさらに上げるようにしてきました。

 

美容皮膚科やアンチエイジングの勉強も同じです。

この分野は、基礎をしっかり身に着けたのちも、常にアップデートしていかなければなりません。

皮膚科の専門医=美容の専門医とは言えない世界です。

美容皮膚科の領域だから、皮膚科の専門医でないと上達しない、などということは一切ありません。

美容皮膚科診療の基本は、内科医であっても、外科医であっても、しっかりと勉強すればマスターすることができます。

基本を身に着けた上に、さらに専門書を読み、一流のエキスパートに話を伺い、さらに実践を積み重ね、そして理論が正しいか自分の頭で考えるように日々努力すれば、いままでの専門が何科であろうと美容皮膚科に関する医療レベルには全く関係がありません。

大切なのは、常に勉強する姿勢です。

例えば、日本の美容レーザー会で最も有名であろうと思われるクリニックF院長の藤本幸弘院長の専門は「麻酔科」です。

藤本先生藤本先生のブログはこちら

レーザーのすばらしさに魅了され、ご自身でアメリカヨーロッパに渡り常に最先端のレーザー医療身に着ける努力をされ、現在の地位を築かれました。

今では芸能人御用達のレーザークリニックを東京で開院され大成功を納めております。

この先生が「皮膚科専門医ではないから、美容皮膚科の医療レベルが低い」という同業者は、誰一人いません。

 

私自身としては、「~は専門医である当院へ」「~の治療は〇〇の資格をもったドクターのいる××クリニックへ」などと、いかにも、といった宣伝はしたくありません。

実は、私は2つの専門医を辞退しました。

「救急専門医」と「循環器内科専門医」です。

「ええっ!救急専門医ならずとも循環器内科専門医まで辞退するなんて、クレイジー!」と思われるかもしれません。

でも、この専門医、取るのはしかるべき医療機関でしかるべき経験をつみ、試験に合格しないと取れませんが、維持することはお金を払って学会に参加して点数を稼ぐだけでできるのです。

現時点では、更新のための試験もありません。

よって、実際に自分が現在やっている医療レベルと「専門医資格」は全く関係がないのです。

クリニックで一日中一般診療をしているドクターが、「救急専門医」や「循環器専門医」を名乗るのは、なんだが恥ずかしい気がします。

私は以前「救急専門医」として、第一線の現場で働いていました。「循環器内科医」としてカテーテル治療などを行い重症心臓疾患の患者を治してきました。

しかし、私にとって、それは過去の事実でしかありません。

現在の私の医療スタイルを表すのものではありません。

ですから、ことさら専門医を名乗っても仕方ないので、きれいさっぱりこの2つの専門医資格を辞退しました。

 

私は、人間の健康と美を守る手助けをする、ひとりの医師です。

ただ、シンプルにそれだけでいいかな、と思っています。

 

ですから、このブログを通じて、私の現在、そして未来への姿勢を感じ取っていただき、皆様にご評価いただこうと思っています。

狭い診療範囲に限られた「専門医認定証」なんていりません。

皆様の厳しくも優しいお言葉が、そのまま私への「ヒトの専門医」としての認定証なのです。

そして、その姿勢と医療レベルを、皆様に信じていただけば、私はこれからも最善をつくして頑張ることができます。

これからも、今まで同様、よろしくお願いいたします。

 

院長笑顔

 

~内科・小児科から皮膚科まで、赤ちゃんから大人まで。ワンストップで相談できるのは、みぞぐちクリニックだけ!~

投稿者: みぞぐちクリニック

2017.09.14更新

夏から秋への移行期で、気候が不安定な今日この頃。

お肌の調子も不安定になりかねない今日この頃。

敏感肌でいろいろなコスメにダメ出しされた方に、今回はエンビロンの「デリケートシリーズ」をご紹介したいと思います。

デリケートジェル

その名の通り「デリケートなお肌に」お勧めしております。

主な有効成分は下記の5つ。

 

ビタミン群

ティーツリー

 

ベータカロチンもビタミンAに属しますが、その作用はモイスチャーやCクエンスにふくまれるレチノールなどと比較するとかなり弱めです。

その分、使い始めのA反応はほとんど出ませんので、安心してエンビロン入門したい方には最適かもしれません。

その他、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB5も比較的多めに含まれています。

そしてなんといっても、デリケートシリーズを特徴づけるのが、「ティーツリー」

この「ティーツリー」、実は原産国がオーストラリアなのです。

原住民のアボリジニが、そのオイルをケガや皮膚病の治療などに使用していたことで注目されました。

抗菌、抗ウイルス、抗炎症作用が科学的に実証されています。

真菌にも効くので、もしかしたらニキビの原因の一つであるマラセチア菌にも効くかもしれません。

 

ご自身が敏感肌だと自覚しており、モイスチャーシリーズでいきなり効力の強いビタミンAを塗布するのがためらわれる方は、まずはこちらの「デリケートシリーズ」が良いでしょう。

こちらも、スターターキットがあります。

デリケートセット

もちろん定価7,000円(税抜)のところ、エンビロンが当院で初めてのかたには、初回購入時のみ40%オフの4,200円(税抜)でご提供させていただいております。

まずは、院長にご相談ください。

一般内科診療時間でもカウンセリングは行っておりますので、お気軽にどうぞ。

(美容皮膚科だけでなく、一般皮膚科の診療も行っております。)

 

~一般内科から皮膚科まで、赤ちゃんからご婦人まで、ワンストップで相談できるのは、みぞぐちクリニックだけ!!~

投稿者: みぞぐちクリニック

2017.09.03更新

エンビロン2

美容皮膚科開設以来、当院はビタミンA含有コスメでは業界トップを走る「エンビロン」を扱っております。

店頭でも陳列ケースにそっと置いてあるくらいで、私自身も積極的に宣伝することはありませんでした。

でも、当院を訪れる患者さんが目ざとく見つけて、「おっ、先生のところエンビロン、置いてるの?」と尋ねられることも多くなりました。

最近ではインターネット上でも販売するようになって、知名度もややアップしているようです。

エンビロン1

以前から、「肌に最低必要なものは、ビタミンA、C、E!」と繰り返し唱えております私は、もちろんエンビロンのユーザーであります。

使い始めはビタミンAコスメ独特の「A反応」によって皮膚が赤くなる方もいらっしゃって、なかなか敷居の高いコスメでした。

最近では、「A反応」のことをしっかり理解してくださり、私どもも「A反応は副作用ではないから、乗り越えて下さい」とお話しすれば、しっかりとした効果が出るまで使い続けてくれる方が多くなりました。

もちろんすべての方にA反応がでるというわけではありません。私などは、ビタミンAの効果がさらに強い「Cクエンス4」を使用しても、全く赤くなりません。いまでは、ビタミンA最高濃度の「Aブースト」を使用しても、極わずかに赤くなる程度です。

美容皮膚科の初回カウンセリング時には、必ず使ってらっしゃる基礎化粧品の銘柄を尋ねるのですが、約8割の方が「今、使っている基礎化粧品の効果がわからない、実感できない」とおっしゃいます。

だからこそ美容皮膚科の外来でカウンセリングを受けに来ているのでしょうが、それにしてもこれだけ巷には化粧品が溢れているのにもかかわらず、自分にあったものに出会えていない方の、多いこと、多いこと。

いや、巷に溢れすぎているからこそ、相性の良いものに出会う機会が少なくなっているのでしょう。

基礎化粧品が目指すところは、「白い肌」「ハリのある肌」「キメの整った肌」「潤いのある肌」「シワのない肌」です。

そして各化粧品会社が謳うのは、「美白成分〇〇配合!!」「保湿成分〇〇高配合!」「シワをなくしハリのでる〇〇成分がたっぷり!」などと、若干曖昧な宣伝文句が多いと思います。

よく聞くのは、美白にはコウジ酸、アルブチン、ビタミンC、保湿にはヒアルロン酸、コラーゲン、セラミド、などなど。

美容皮膚科医の目からみれば、「はいはい、それは含まれて当然です。でも、それだけではパワー不足ですよね。」と思ってしまいます。

やはり、ビタミンAがなくてはならないのです。

最近では、肌の自己回復能力を上げる幹細胞抽出のサイトカインなどが必須、と思っていますが、コスト的にまだまだ高額ですから、一般的な価格帯では、ビタミンAをたっぷりと含んだエンビロンなどが継続し易いでしょう。

皆様、保湿や美白にこだわるばかりで、皮膚の再生能力を回復させ、ターンオーバーを早くさせることには全く無頓着のような気がします。

基礎コスメ難民のいかに多いことか!!

今までは、「人それぞれ、好き嫌いもあるだろうから、、」と思い、エンビロンやオバジなどのビタミンA含有コスメは積極的に宣伝することは控えておりましたが、3年間の美容皮膚科外来の中で、「施術だけやっているだけではいかん。もっとビタミンAの素晴らしさを啓蒙しなくては!」と思うようになりました。

 

これからはクリニック店頭でも、カウンセリング時でも、ブログでも、積極的に「ビタミンA」の素晴らしいパワーを訴えていきたいと思います。

もちろん、そのためには良品をお求めやすい価格で提供することも義務だと考えております。

 

さて、そのような状況ですので、「エンビロンによるビタミンA導入大作戦」の一貫として、これからさまざまな企画を立ち上げます。

まずは次の2つから。

①エンビロンの製品を使用した「イオン導入&超音波導入」

エンザイムDF

 これまでは株式会社UTPの製品を使用したイオン導入&超音波導入&エレクトロポレーションでしたが、今後は昨年リニューアル発売された「イオンザイムDF-Ⅲ」という機器での施術に変わります。(エンビロンのHPはこちら➔https://www.environ.jp/skincare/professional/about/

 

②エンビロン初めての方限定、オール40%オフキャンペーン

 エンビロンをこれまで使用したことのないかたで、「最初からラインで一通り揃えるのは、ちょっと・・・」という場合には、すべてのエンビロン製品を40%オフで提供いたします。

とくに、ビタミンA効力が最も弱く、お肌の刺激の少ない「モイスチャ-1セット 定価7,600円(税抜き)」は40%オフの4,560円(税抜き)のお手頃価格となりますので、初めてのかたは是非ともトライしていただきたい。

モイスチャー1

もちろん、お肌の状況にあわせてお勧めのラインアップもありますので、まずはカウンセリングを受けて下さい。

(エンビロンお悩み別ケアHP➔https://www.environ.jp/skincare/homecare/

 

マシンによる施術も大切ですが、目的のはっきりした良品を使ったデイリーケアはもっと大切です。

この機会に、エンビロン。一度お試しください。

 

 

投稿者: みぞぐちクリニック

2017.09.03更新

前回に引き続き、今回もヒアルロン酸がテーマです。

ヒアルロン酸注入によるお顔の若返り治療は、まだまだ一般的とまではいきませんが、数年前に比べてかなり敷居が低くなってきた感じがあります。

我々ドクター側も、いろいろな研修会でエキスパートの手技を見る機会が増え、全体的スキルアップしています。

最近は、血管塞栓などの重篤な副作用を起こさないためにはどうしたらよいのか、必ず口酸っぱくレクチャーされます。

そして、どの講師の先生も、ヒアルロン酸を過剰に入れすぎず、自然な仕上がりを目指すように、注意喚起をする傾向にあります。

日本でも様々な経験の蓄積から、日本人の顔にあった注入法がわかってきました。

 

とはいえ、西洋人であろうが東洋人であろうが、基本は同じです。

 

HA

 

この写真、左右はもちろん同じ女性です。

向かって左がビフォー、右がアフターです。

相当な変化があります。

HA

注入箇所は上記の8点です。

1か所だけでなく、むしろ顔全体のボリュームを回復することにより、自然な若返りができます。

これは、機械を使った施術では到底不可能なレベルの変化です。

しかも、ヒアルロン酸を適度に入れた個所は、みずみずしくうるおいが維持されます。

完全に劣化してしまう前に、少しだけでもヒアルロン酸をいれて補正しておけば、かなりの若さを保つことができます。

 

ヒアルロン酸を怖がる方々の大半は、ヒアルロン酸を入れすぎたような芸能人の顔を例にだして、「あんなふうになるのは嫌だ」とおっしゃいます。

ふつうに施術すれば、不自然にはなりません。

もし不自然になったとしても、ヒアラーゼで溶かしてしまえば全く元に戻ります。

やり方しだいなのですね。

勇気をだしてトライした方のみが恩恵をうけるのが、注入系の施術です。

まずは一度受けてみてください。

コンプレックスが消えてなくなります。

 

投稿者: みぞぐちクリニック

2017.09.01更新

9月になりました。

なんとなく秋です。

 

7月、8月は美容関係の研修で東京に3回も出張してきましたので、今話題の銀座シックスなんかも行ったりしてましたが、朝8時関空発の夜22時関空着での日帰りですから、結構パワーが必要でした。

先週、8月27日は、東京は西新宿にある「光伸メディカルクリニック」で、国際美容医療研究会主催のヒアルロン酸治療研修に行ってきました。

光伸メディカルクリニック光伸

講師の中村光伸先生は、整形外科医の開業医ではありながら、日本にヒアルロン酸が導入された黎明期から施術に携わってらっしゃる臨床経験豊富なドクターです。

私を含めて5人のドクターが参加されておりましたが、私以外の先生方はまだヒアルロン酸治療にこれから取り掛かる、といった方々でした。

私の場合は、「トップクラスの先生の手技をみて、自分の技術の向上につなげる」といった目的ですので、少々見るポイントが違います。

3回シリーズの2回めである今回のメインテーマは、「ゴルゴラインへの脂肪内注入」でした。

ゴルゴラインとは、ほほの中央にできる斜めのラインです。法令線、マリオネットラインと同じく、年齢を感じさせる皮膚の溝です。

 ゴルゴライン法令線マリオネットライン

英語では「midcheek groove(ミッドチーク グルーブ)=ほっぺた中央あたりにある溝」と表現します。

いわきクリニック形成外科の岩城佳津美先生は、その著書「フェイシャル・フィラー~注入の極意とその部位別テクニック」の中で、ゴルゴラインへのアプローチは「骨膜上、脂肪深層あたりに、カニューレを挿入して注入する。あまり浅い層に入らないように注意すること」としています。

今回の中村先生のレクチャーでは、「ゴルゴラインを形成している部分を、下から持ち上げるように指で上げ、トンネルを作るようにして、その中の脂肪(浅層)に注入する。0.1mlの少量ずつ注入すること」と教わりました。

岩城先生の方法は、自然な頬のカーブを作れますし、カニューラを使うため皮下出血のリスクはかなり少なくなります。そのかわり、深い層に注入するため、十分な変化を得るためには必然的にヒアルロン酸の量が多くなりますが、骨膜上に硬いヒアルロン酸を置くため、持続性に勝ります。

中村先生の方法は、注入層を間違うと不自然になりますし、脂肪と同じ硬さのヒアルロン酸を使用するため、比較的早くに溶けてしまい持続性に劣る可能性があります。ただし、ヒアルロン酸の量は少なくて済みます。鋭針をつかうため、カニューラより細かい造形が可能です。

ただし、中村先生も「この手技だけで完成するというものではなく、脂肪深層に固めのヒアルロン酸をいれて、頬をリフトアップするとさらに効果が上がる」という旨のコメントされていました。

私としては、両者の良いとこ取りで「まず、カニューラを用いてゴルゴラインの直下の脂肪深層(骨膜上)に、硬いヒアルロン酸を置く。その後、ゴルゴラインの消失が不十分ならば、鋭針を用いて、脂肪浅層に少量のやや柔らかめなヒアルロン酸を入れる。」というようなスタイルになると思います。

 

色々なドクターの手技を学ぶことによって、自分の手技の欠点を見直し、更に上のレベルにもっていきたいと考えています。

 

さて、今回のレクチャーで使用したヒアルロン酸は、フランス製の「STYLAGE(スタイレージ)」という製品です。

 

stalyge

非常になめらかで、皮膚との馴染みがよい性質がありますので、アラガン社の「ジュビダーム・ビスタ」などはすでに一世代前といった感じです。

昨年当初から当院でもこの「スタイレージ」をメインに使用しております。

ただし、世の中の変遷はあっという間でして、さらに上をいくかもしれないヒアルロン酸が開発されております。

その中の一つに、ドイツはメルツ社の「BELOTERO(ベロテロ)」があります。

ベロテロ

以前はアインツ社から「エセリス」という名のシリーズで販売されていましたが、メルツ社が権利を買い取り、さらに改良して「ベロテロ」として販売しています。

こちらも、スタイレージにも負けず劣らず馴染みがよく、更にはしっかりと保持力もあるという、理想的な製剤です。

9月からは、この「ベロテロ」も採用することにいたしました。

「スタイレージ」も「ベロテロ」も、マーベラスビューティージャパン(株)さんからご紹介です。

こちらはメルツ社のベロテロ紹介HP➔http://www.belotero.com/photos/

 

今後しばらくはこの2つのヒアルロン酸で理想のフェイスを作ります。

おっと、目元はベビーコラーゲンの存在も忘れてはなりませんね。

保持力にはかけますが、ヒアルロン酸では形成が難しい目元の補正には、ベビーコラーゲンが欠かせません。

 ベビーコラーゲン

・・・ということで、「ベロテロ採用記念キャンペーン」として、9月1日から10月31日までの2ヶ月間、ヒアルロン酸&ベビーコラーゲン&ボツリヌストキシン治療のディスカウントキャンペーンを行います。

これらの注入系施術の料金を、総額から20%オフにいたします!

例をあげますと、

①法令線へのヒアルロン酸注入。左右で1.0ml使用。施術料込みで、60,000円➔48,000円

②頬のゴルゴラインへのヒアルロン酸注入。左右で2.0ml使用。施術料込みで、90,000円➔72,000円

③目の下のクマへのベビーコラーゲン注入。左右で1.0ml使用。施術料込みで、90,000円➔72,000円

④額の表情じわへのボツリヌストキシン注入。30,000円➔24,000円  

※いずれも税抜き価格

 

施術後1ヶ月以内であれば、追加注入およびヒアルロン酸溶解剤による修正は無料です。ボツリヌストキシンも追加注入は無料です。

施術後に気に入らなければ、追加注入もヒアラーゼでの溶解もできますので、「少なすぎて効果ない!」「入れすぎて、やっぱり気に入らない!」となった場合も心配ありません。

この機会に勇気をだして、トライあるのみでございます。

再注入をためらっている方も、この機会にどうぞ。

まずは私、院長までご相談ください。

(美容皮膚科の時間だけでなく、一般診療の外来内でもカウンセリングは受けていただけます。)

 

投稿者: みぞぐちクリニック