ドクターMの美容皮膚科ブログ

2017.09.03更新

前回に引き続き、今回もヒアルロン酸がテーマです。

ヒアルロン酸注入によるお顔の若返り治療は、まだまだ一般的とまではいきませんが、数年前に比べてかなり敷居が低くなってきた感じがあります。

我々ドクター側も、いろいろな研修会でエキスパートの手技を見る機会が増え、全体的スキルアップしています。

最近は、血管塞栓などの重篤な副作用を起こさないためにはどうしたらよいのか、必ず口酸っぱくレクチャーされます。

そして、どの講師の先生も、ヒアルロン酸を過剰に入れすぎず、自然な仕上がりを目指すように、注意喚起をする傾向にあります。

日本でも様々な経験の蓄積から、日本人の顔にあった注入法がわかってきました。

 

とはいえ、西洋人であろうが東洋人であろうが、基本は同じです。

 

HA

 

この写真、左右はもちろん同じ女性です。

向かって左がビフォー、右がアフターです。

相当な変化があります。

HA

注入箇所は上記の8点です。

1か所だけでなく、むしろ顔全体のボリュームを回復することにより、自然な若返りができます。

これは、機械を使った施術では到底不可能なレベルの変化です。

しかも、ヒアルロン酸を適度に入れた個所は、みずみずしくうるおいが維持されます。

完全に劣化してしまう前に、少しだけでもヒアルロン酸をいれて補正しておけば、かなりの若さを保つことができます。

 

ヒアルロン酸を怖がる方々の大半は、ヒアルロン酸を入れすぎたような芸能人の顔を例にだして、「あんなふうになるのは嫌だ」とおっしゃいます。

ふつうに施術すれば、不自然にはなりません。

もし不自然になったとしても、ヒアラーゼで溶かしてしまえば全く元に戻ります。

やり方しだいなのですね。

勇気をだしてトライした方のみが恩恵をうけるのが、注入系の施術です。

まずは一度受けてみてください。

コンプレックスが消えてなくなります。

 

投稿者: みぞぐちクリニック

2017.09.01更新

9月になりました。

なんとなく秋です。

 

7月、8月は美容関係の研修で東京に3回も出張してきましたので、今話題の銀座シックスなんかも行ったりしてましたが、朝8時関空発の夜22時関空着での日帰りですから、結構パワーが必要でした。

先週、8月27日は、東京は西新宿にある「光伸メディカルクリニック」で、国際美容医療研究会主催のヒアルロン酸治療研修に行ってきました。

光伸メディカルクリニック光伸

講師の中村光伸先生は、整形外科医の開業医ではありながら、日本にヒアルロン酸が導入された黎明期から施術に携わってらっしゃる臨床経験豊富なドクターです。

私を含めて5人のドクターが参加されておりましたが、私以外の先生方はまだヒアルロン酸治療にこれから取り掛かる、といった方々でした。

私の場合は、「トップクラスの先生の手技をみて、自分の技術の向上につなげる」といった目的ですので、少々見るポイントが違います。

3回シリーズの2回めである今回のメインテーマは、「ゴルゴラインへの脂肪内注入」でした。

ゴルゴラインとは、ほほの中央にできる斜めのラインです。法令線、マリオネットラインと同じく、年齢を感じさせる皮膚の溝です。

 ゴルゴライン法令線マリオネットライン

英語では「midcheek groove(ミッドチーク グルーブ)=ほっぺた中央あたりにある溝」と表現します。

いわきクリニック形成外科の岩城佳津美先生は、その著書「フェイシャル・フィラー~注入の極意とその部位別テクニック」の中で、ゴルゴラインへのアプローチは「骨膜上、脂肪深層あたりに、カニューレを挿入して注入する。あまり浅い層に入らないように注意すること」としています。

今回の中村先生のレクチャーでは、「ゴルゴラインを形成している部分を、下から持ち上げるように指で上げ、トンネルを作るようにして、その中の脂肪(浅層)に注入する。0.1mlの少量ずつ注入すること」と教わりました。

岩城先生の方法は、自然な頬のカーブを作れますし、カニューラを使うため皮下出血のリスクはかなり少なくなります。そのかわり、深い層に注入するため、十分な変化を得るためには必然的にヒアルロン酸の量が多くなりますが、骨膜上に硬いヒアルロン酸を置くため、持続性に勝ります。

中村先生の方法は、注入層を間違うと不自然になりますし、脂肪と同じ硬さのヒアルロン酸を使用するため、比較的早くに溶けてしまい持続性に劣る可能性があります。ただし、ヒアルロン酸の量は少なくて済みます。鋭針をつかうため、カニューラより細かい造形が可能です。

ただし、中村先生も「この手技だけで完成するというものではなく、脂肪深層に固めのヒアルロン酸をいれて、頬をリフトアップするとさらに効果が上がる」という旨のコメントされていました。

私としては、両者の良いとこ取りで「まず、カニューラを用いてゴルゴラインの直下の脂肪深層(骨膜上)に、硬いヒアルロン酸を置く。その後、ゴルゴラインの消失が不十分ならば、鋭針を用いて、脂肪浅層に少量のやや柔らかめなヒアルロン酸を入れる。」というようなスタイルになると思います。

 

色々なドクターの手技を学ぶことによって、自分の手技の欠点を見直し、更に上のレベルにもっていきたいと考えています。

 

さて、今回のレクチャーで使用したヒアルロン酸は、フランス製の「STYLAGE(スタイレージ)」という製品です。

 

stalyge

非常になめらかで、皮膚との馴染みがよい性質がありますので、アラガン社の「ジュビダーム・ビスタ」などはすでに一世代前といった感じです。

昨年当初から当院でもこの「スタイレージ」をメインに使用しております。

ただし、世の中の変遷はあっという間でして、さらに上をいくかもしれないヒアルロン酸が開発されております。

その中の一つに、ドイツはメルツ社の「BELOTERO(ベロテロ)」があります。

ベロテロ

以前はアインツ社から「エセリス」という名のシリーズで販売されていましたが、メルツ社が権利を買い取り、さらに改良して「ベロテロ」として販売しています。

こちらも、スタイレージにも負けず劣らず馴染みがよく、更にはしっかりと保持力もあるという、理想的な製剤です。

9月からは、この「ベロテロ」も採用することにいたしました。

「スタイレージ」も「ベロテロ」も、マーベラスビューティージャパン(株)さんからご紹介です。

こちらはメルツ社のベロテロ紹介HP➔http://www.belotero.com/photos/

 

今後しばらくはこの2つのヒアルロン酸で理想のフェイスを作ります。

おっと、目元はベビーコラーゲンの存在も忘れてはなりませんね。

保持力にはかけますが、ヒアルロン酸では形成が難しい目元の補正には、ベビーコラーゲンが欠かせません。

 ベビーコラーゲン

・・・ということで、「ベロテロ採用記念キャンペーン」として、9月1日から10月31日までの2ヶ月間、ヒアルロン酸&ベビーコラーゲン&ボツリヌストキシン治療のディスカウントキャンペーンを行います。

これらの注入系施術の料金を、総額から20%オフにいたします!

例をあげますと、

①法令線へのヒアルロン酸注入。左右で1.0ml使用。施術料込みで、60,000円➔48,000円

②頬のゴルゴラインへのヒアルロン酸注入。左右で2.0ml使用。施術料込みで、90,000円➔72,000円

③目の下のクマへのベビーコラーゲン注入。左右で1.0ml使用。施術料込みで、90,000円➔72,000円

④額の表情じわへのボツリヌストキシン注入。30,000円➔24,000円  

※いずれも税抜き価格

 

施術後1ヶ月以内であれば、追加注入およびヒアルロン酸溶解剤による修正は無料です。ボツリヌストキシンも追加注入は無料です。

施術後に気に入らなければ、追加注入もヒアラーゼでの溶解もできますので、「少なすぎて効果ない!」「入れすぎて、やっぱり気に入らない!」となった場合も心配ありません。

この機会に勇気をだして、トライあるのみでございます。

再注入をためらっている方も、この機会にどうぞ。

まずは私、院長までご相談ください。

(美容皮膚科の時間だけでなく、一般診療の外来内でもカウンセリングは受けていただけます。)

 

投稿者: みぞぐちクリニック