ドクターMの美容皮膚科ブログ

2015.05.31更新

ekotu1ekotu2

eCO2(エコツー)エボリューションでの、施術3日目です。

髭がそれてませんでしたから、なんとなく皮膚が汚く見えてます。

もちろん、まだ表面はざらざらですが。

月曜日あたりからぽろぽろと皮剥けがはじまるでしょう。

投稿者: みぞぐちクリニック

2015.05.22更新

ヒーライト

只今 師長さんが浴びているのはルートロニック社のヒーライトです。

820ナノメートルのLEDライトを浴びることにより、傷の治りが良くなったり、肌の状態が改善したりするようです。

只今、お試し中です。

11分の照射で、施術料金は3000~5000円のようですが、それだけの価値があるでしょうか?

投稿者: みぞぐちクリニック

2015.05.21更新

スペクトラ

シミ取り&肝斑治療のためレーザー機種、選定中です。

シミ取りのレーザーとして、もっとも切れ味鋭いのはQスイッチルビーレーザーであると従来言われてきました。

ただし、最近のレーザー機器との比較では以前ほどの差はないとも言われています。

術後の炎症性色素沈着の発生率でも、それほど差はなく、ルビーレーザーだから発生しないというわけではないようです。

アメリカではすでにルビーレーザーよりも、YAG(ヤグ)レーザーのほうが多く採用されているということです。

また、ルビーレーザーではトーニングができません。

これには1064nmの波長がだせるYAGレーザーが必須です。

肝斑へのトーニングのできるQスイッチYAGレーザーで日本で一番売れているのは、おそらくJ-MECが扱う「メドライトC6」でしょう。

しかし、実は肝斑のトーニングについてさまざまなデータを蓄積してきたのは、韓国のトップメーカーであるルートロニック社であることは意外にも知られていません。

肝斑はアジア人に多い皮膚病変です。

美容大国である韓国でのデータを蓄積し、安全で効果的なプロトコールを設定しているようです。

以前よりメドライトC6でのトーニングで白斑が生じる問題がありましたが、このルートロニック社「スペクトラ」ではそのような問題は上がってないようです。

(流通台数がメドライトC6より少ないだけかもしれませんが。。。)

 

さらにこの「スペクトラ」には、お肌の美白、ハリ、ツヤをもたらす(リジュビネーションといいます)「ルートロピーリング&スペクトラピーリング」というモードが設定されています。

エネルギーのつよいQスイッチYAGではなく、ノーマルのYAGレーザーを顔全体に照射していきます。

瞼の上にも照射できますので、まぶたのたるみ、しわなどの改善も期待できます。

 

ルートロピール&スペクトラピール

うちの師長さんにも、ルートロピール&スペクトラピールを受けてもらいました。

熱いシャワーを顔にパチパチ浴びているような感覚です。

1回で絶大な効果が出るものではなく、1か月に1回ほどのペースで繰り返すしていると、お肌の状態が変わってきます。

お肌にとって一番大切なのは、毎日のケアですが、ときどきこうやって表皮をきれいにして、さらに真皮層を刺激してコラーゲンを増やしてあげると、白くてハリのある肌を維持できると思います。

 

シミもとって、肝斑のトーニングもできて、お肌の若返り治療もできる、ルートロニックのQスイッチYAGレーザー、「スペクトラ」。

なかなかいい機種です。

あとは、お値段ですね、伊藤社長!!

 

 

投稿者: みぞぐちクリニック