ドクターMの美容皮膚科ブログ

2017.06.04更新

ウルセラ1

気持ちいい日曜日です。

こんな日は自然な空気と光の中でまったりとしたいところですが、まずは早起きしてブログ書きます。

 

さて今回は、昨年夏に新規導入したHIFU(ハイフー)治療器「ウルセラ」です。

発売から7年が経過しておりますが、たるみ改善マシンとしての能力は、他の韓国製マシンの追随を許さず、いまだトップをひた走っております。

写真は、昨日自分自身への「ひとりウルセラ」の一コマです。

顔には照射の目安となる、白いマーキングが描かれております。

ウルセラベクトル法

最近は、メーカー推奨の打ち方ではなく、クロスクリニックの石川先生が実践されている通称「ベクトル法」で打つようにしております。

ウルセラの照射ライン数は、頬180~200ライン、目下・目じり・眉上50~60ライン、顎下・頸部80~100ラインで、計300~360ラインが日本人の標準です。

当院では、頬は260~280ラインまで照射数を増やして、効果アップを狙っています。(何れも深さ4.5㎜と3.0㎜のトランスデューサーでの合計)

さらに表層のしわ、毛穴などの治療として、深さ1.5㎜のトランスデューサーでの照射を加えることもあります。

1.5㎜のトランスデューサーでの治療では、照射跡の発赤が1~2日残ることもありますが、やけど状態になることはありません。

 

ただし、HIFU(ハイフー)治療のデメリットである照射時の「痛み」は、個人差はあるものの、多かれ少なかれ伴います。

よくエステショップで「HIFU治療」を受けた方が、「痛みがほとんどありませんでした」とおっしゃることがあります。

鎮痛剤の内服もしくは点滴などを受けていない限り、無痛のHIFU治療はあり得ません。

超音波のビームでSMASや真皮コラーゲンを焼くわけですから、照射場所によって差はあっても、ちゃんと効果を出すためには「痛み」を感じるほどがっつり焼かなければなりません。

ですから、照射エネルギーをかなり弱くしない限り無痛にはなりません。

当然のごとく、そのような弱いエネルギーの治療では十分な効果を期待できません。

(そもそも、エステショップでのHIFU治療は医療法違反なのですが、、、)

 

たるみの悩みは、シミ・しわなどの悩みにくらべて相談件数は少ない傾向にあります。

それは、色調というものは変化が少しであっても目立ちやすく気になりやすいのですが、たるみというのはかなり進まないと自覚しにくい方も多いのです。

数年前の写真をみて、改めて「ああ、このころはたるみがない。。。」と嘆かれる方がほとんどです。

日々顔をみていると、確実にたるみは進行しているにもかかわらず、です。

そして、たるみがたるみをさらに呼んでくるのです。

進行しすぎたたるみは、ウルセラをもってしても、治療不可能です。

手術以外では、スレッド(糸)で引き上げるしかありません。

理想は、たるみの兆候が出始める40台前半からウルセラを年に1回、トリニティプラスを年4~6回(サブライムだけでもよい)を続けることです。

当院で施術した場合、費用は年間30~40万。

ひと月2~3万強です。

なかなか継続することはできない治療費用かもしれませんが、幸いにもそれだけの余裕のある方は、是非トライしていただきたいと思います。

 

そして、ボリュームロスによる変化(ゴルゴラインやマリオネットラインの形成)には、年に1回のヒアルロン酸の補充がベスト。

額や目じりの表情じわには、もちろんボトックス治療が必須です。

 

美容治療は継続が大事です。

少しずつでもいいから、何かを続けましょう。

当院では、こんな小さな内科・小児科に併設した美容皮膚科にもかかわらず、専門クリニックとほぼ同等の治療が可能です。

治療との相性もありますから、いろいろ試して、「私にはこれがあっている!」と思えばそれを最低3年は続けましょう。

 

鏡の中のたるんだ自分に慣れてしまったときが、女子として生まれてきた誇りと幸せを捨ててしまう時です。

それでは悲しいですね。

笑顔を忘れず、胸を張って背筋を伸ばして、人生を楽しむためにも、自分自身を磨いてください。

きれいに整ったお肌は、高級バッグや洋服よりも、あなたを素敵に輝かせます。

自分自身が一つの作品です。

世界に一つしかないマスターピースです。

いい加減に作っちゃダメです。

美容マニアにならなくていいから、マイナス5歳の素敵な女性で居続けましょう。

みぞぐちクリニックでは、そのお手伝いをさせていただきます。

 

そんな、こんなで今月は「ウルセラ」キャンペーンです。

新たなメニュー「ウルセラ・チークリフト」を試験的にメニューに加えます。

顎下、首、目じり、目下、眉上はしばらくほっといていいから、頬とフェイスラインのたるみを何とかしたい、予防したいという方に最適なメニューとなります。

頬とフェイスラインに限局して260ライン照射します.right arrow現在は360ライン照射にアップしております。

施術料金は定価150,000円(税抜)ですが、LINEお友達には期間限定のウルセラ割引クーポンを発行しますので、さらにお安くなります。

ウルセラはやってみたいけど高額でためらっている、というかたのお試し的なメニューにもなります。

年前に一度受けられた方も、もちろんご利用いただけるクーポンですから、再度トライも敷居が低くなりますね。

おそらく、西日本最安になるでしょうから、申し込みは多数になることが予測されます。

ご予約も取りづらくなることあるかもしれませんが、ご容赦ください。

よろしくお願いいたします。

投稿者: みぞぐちクリニック

2016.10.27更新

ウルセラリフトプラス1

気温の上下が激しく、洋服選びに困る気候ですね。

クリニックでも冷房入れたり、消したりつけたりで忙しいです。

 

さて、写真は新規導入引き上げマシンの「ウルセラ」です。

超音波のビームで、お顔の筋肉および筋膜と皮下組織のコラーゲンに熱を打ち込み、強力な引き上げ効果を実現します。

メーカー側は、日本人用にライン数(1回にあてる超音波ビームを1ラインと表現します)を減らしたプロトコールを推奨しますが、やはり充分なライン数を当てたほうがきっちりとした結果がでます。

当院ではメーカー推奨の1.5倍のライン数で施術を行っています。

脂肪が多く、たるみのきつい方は、1回の施術だけでは効果を実感できないことが多いので、3ヶ月後にもう一度施術を受けられることをお勧めしています。(その際は、もちろん施術料金のディスカウントはありますので、遠慮なくご相談ください。)

また、ある程度の効果を実感できた方も、その効果を長く維持し、さらなる引き上げを狙うため、「ウルセラリフト」に「サブライム5回コース」をプラスした「ウルセラリフトプラス」というコースメニューをご用意しております。

ウルセラリフトで「筋膜」と「皮下組織」の両方に熱を加えて引き上げた後、さらに月に1回のペースで「サブライム」を施術し、「皮下組織」に熱を加えて引き上げます。

サブライム

これは、サブライムのアプリケーターです。

サブライム&院長

こんな感じで、ひげそり、、あ、いや、引き上げます。

 

ウルセラリフト「全顔」は、頬とフェイスライン、目尻、額に施術しますので、顔下半分だけのたるみ改善だけでなく、上顔面(下がってきた眉と目尻)が引き上がります。目も大きく見えてきます。

あまり上顔面にたるみがない方は、頬とフェイスラインのみの施術で良いと思います。これならば、150,000円(税抜)なので全顔よりお安く施術が受けられます。

ウルセラリフトプラスであれば、さらに50,000円の追加で、80,000円分のサブライム5回コースがついてきますので、かなりのお得感です。

 

「ウルセラ?あんな高い施術、でけんわ!」とよく言われますが、効果は半年から1年続くと考えると、1ヶ月12,500~25,000円の出費で済みますから、実はむちゃくちゃ高い施術でもないのです。

まだ当院HPにウルセラ専用ページがなく、グーグルで「ウルセラ 大阪」で検索しても当院がリスト上位には上がりませんが、有名美容皮膚科クリニックと使用するマシンと施術方法はほぼ同じだと思います。むしろライン数では当院のほうが多いかもしれません。

まだ予約が取りやすい今が、一番やりどきです。

たるみの最強治療器「ウルセラ」を是非一度お試しください。

 

★只今、秋のウルセラキャンペーン実施中!ウルセラリフト(全顔)¥200,000➡¥180,000(税抜)にディスカウントです。LINEお友達の方には、さらに数万円分の特典がございますので、登録&ご予約を!

投稿者: みぞぐちクリニック

2016.09.30更新

ウルセラと一緒

9月末とは思えない暑い日が続いてますが、夜はチョと涼しいですね。

さて、2か月まえに新規導入したウルセラですが、スタッフや特別モニターさんに施術を受けてもらい好評を頂いております

症例を重ねていくと、メーカー推奨の打ち方をそのまま実施するよりも、オリジナルでやるほうが効果が出るような気がしてきました。

おそらく、他のクリニックの先生がたも打ち込んでいくうちにオリジナリティを出しているのでしょう。

全体的に「まんべんなく」というよりも、顔の形状を見ながら、「ここは強く重ねて」と打ち込むライン数を変えたほうが、効果を実感しやすいのではないかと思っています。

YOU TUBE上でウルセラリフトの原理をわかりやすく説明したものがありました。(他人のふんどしで相撲を取らせていただきます。。。失礼)

こちらをクリック➔https://youtu.be/ojJ2W488G6Q

 

人によって痛みの感じ方は違います。

全然我慢できるかたと、めちゃくちゃ痛いと訴える方とその感じ方は様々です。

ただし、痛みに関しては、ロキソニンなどの鎮痛剤の内服や、胃カメラで使用する鎮静剤「ミダゾラム」の点滴下での施術でなんとか緩和できそうです。

特に鎮静剤ミダゾラム(商品名:ドルミカム)は、早く覚ますための拮抗薬(商品名:アネキセート)があるので安全です。

ドルミカムを使えば、眠っている間に施術できますので、ウルセラ独特の痛みを感じることがありません。

今後はオプションで設定予定です。

(それにしても、「ドルミカム」って、「dream」が「come」するみたいで、いい名前ですね。よく眠れそう。)

 

ウルセラをやっているクリニックが、近隣であるのかググってみると、ありました、ありました。

奈良の王寺です。

「Pメディカルクリニック(仮名)」 

美容形成外科+美容皮膚科+エステもやってる本格クリニックです。

ウルセラのお値段を見てみますと、「全顔セット 432,000円」(!!)

T須クリニック並みのお値段です。。。。

ひゃあ、奈良にはお金持ちが多いのか??

これで効果がでなければ、星一徹にちゃぶ台ひっくり返されそうです。

でも、ひっくり返されないのは、しっかり打ち込めば、90%近くの有効率でウルセラリフトの効果が実感できるからでしょう。

 

機械の値段と消耗品であるカートリッジの値段と医師の時給から換算した適正価格は、当院では「全顔 216,000円(税込)」です。

私はメーカー推奨より多めのショットをする方なので、それだけ効果がでる確率が上がります。

トリニティ・プラスの「引き上げ」アプリケーターである「サブライム」を施術するときにも、普通は1000ショットぐらいだそうですが、私は1600ショットぐらい打ち込みます。

もちろん、ショット数が多いほうが熱が多く入りますので、より効果を期待できるのは当然です。

これができるのも、私自らがすべての施術を担当し、責任をもって治療にあたるからです。

ルーチンワークのようにスタッフ任せの流れ作業で済ませないからです。

思うように施術効果が出ない人もいらっしゃいますが、その際はできるだけ他のサービスを付加して満足度アップを心がけています。

せっかく、数ある美容皮膚科の中から当院を選んでくれたのですから、ときには利益度外視をしたって、いーんです!

川平慈英

ふぅ、、、我ながら、美容皮膚科にかける意気込みはアツいと思います。

内科認定医、循環器専門医でもあるが、漢方医でもあり、小児科もやりながら、美容皮膚科も極める。

ときには人生相談も請け負い、患者とともにこっそりと泣く。

毎日がエキサイティング。(疲労度は半端ねぇ、ですが)

これこそ、アンチエイジングの秘訣かもしれませんね。

 

そろそろウルセラも、キャンペーン第2弾、ぶっこみます。

体験しないとわからない、3Dリモデリングの世界を、是非体験していただきたいです。

 

次回は、トリニティ・プラスの話題です。お楽しみに。

投稿者: みぞぐちクリニック

2016.09.08更新

ウルセラ&高橋先生

日中はまだまだ暑いのですが、朝と夜は秋の訪れを肌で感じる今日この頃ですね。

今日は、夜診終了後に宝塚ヒルズクリニックの高橋先生が来院してくださいました。

高橋先生は新進気鋭の美容皮膚科医で、今、宝塚、いや西日本で最も熱い「ウルセラシューター」ではないかと噂されているドクターです。

4年前に宝塚の「雲雀丘花屋敷」にご開業されたとのこと。

その後2年前にウルセラを導入されてから、あれよあれよと言う間に施術件数が増えて、いまでは宝塚はもとより、大阪、奈良、そしてはるか遠方からのお客様で予約一杯のクリニックに成長しております。

現在の利益優先の美容皮膚科業界に物申す!とばかりに、低料金と親身の施術で多くのリピーターをゲットされております。

その生きざまは、先生のブログにしっかりと物語られておりまして、読む人をグイグイと引き込む面白さがあります。

3か月ほどまえに、クリニックFの藤本先生が来阪された際、同じ会場でお姿を拝見したのですが、その場では会話することもありませんでした。

当院がウルセラを導入し、これからのトップメニューに掲げていくにあたり、今最も旬な先生に会いたい!とのことで、J-MECの営業担当にお願いして、高橋先生にお越しいただきました。

いや~、やっぱり成功する先生は魅力がありますね。そして、スッと先生の世界に入っていける安心感がありますね。

この先生なら、お任せしてもええかな?と思わせる何かがあります。

1時間程度でしたが、ウルセラの話、トリニティプラスの話、お互いの開業までのいきさつなど、内容の濃い時間を過ごさせていただきました。

高橋先生のところには、HIFUを使った引き上げの機械はウルセラのほかに、韓国製が一つ置いてあるのですが、やはりウルセラの洗練度にはかなわないとおっしゃってました。

施術料金はその韓国製機器のほうがウルセラより安いのですが、やっぱりお客様はウルセラに戻るともおっしゃってました。

やはりウルセラは今世紀では最高の「結果を出せる美容機器」です。

「患者満足度87%」は、嘘じゃないのです。

だからこそ、各クリニックは強気の値段なのでしょうね。

ただし、適正価格かどうかと言えば、大手クリニックはやや宣伝広告費を上乗せしすぎかな?と思います。

高橋先生は、医療の質を落とさず、無駄なコストを削減して、西日本最安値のウルセラを施術されています。

当院も、美容皮膚科診療ではあくどい商売はするつもりはありませんので(笑)、価格は極力抑えています。

まだ、HPにも詳細は載せておらず、ただ料金表のみですが、そのうちウルセラの良さをアップしていきます。

それまでは、このブログの読者の皆様は、高橋先生のHPで研究してくださいね(笑)

素晴らしい高橋先生のHP&ブログはこちら⇒「宝塚ヒルズクリニック」

 

40歳を超えたら、シミ・くすみ治療も大切ですが、しわ・たるみのケアも開始です。

40歳からコツコツ引き上げておけば、10年後、20年後には、同世代と比較してトンでもないほどの差がついているのは間違いありません。

筋トレとおなじで、一朝一夕で「美」は造られません。

それ相応の時間とお金を投資しないと、手に入れることはできません。

よく考えてみると、人生の成功者は全てそうです。

「一攫千金、濡れ手で粟」なんてことはありません。あったとしても、長続きしてませんよね。

 

これは高血圧症や高脂血症の治療にも言えます。

よく患者さんからは「先生、このお薬、一生飲まなければいけないんですか?」と聞かれます。

私はいつもこう答えます。

「いいえ、いつでも止めることができます。止めれば血圧やコレステロールの値がもとに戻るだけです。そして、あなたの血管が年齢以上に年を取っていくだけです。」

それでいい人は、それでいいのです。

健康寿命が短くなるリスクを背負う覚悟あるならば、それでいいのです。

医者から言われるから、ではなくて、自分の健康寿命を延ばすにはどうしたら良いのか、自分で考えなければなりません。

 

美容でも健康でも、「自分はどうありたいのか?」をまず考えることです。

美容オタク、健康オタクになる必要はありません。

「生き生きと背筋を伸ばして、美しい健康的な人生を生きる。」

そのために何をしたら良いのか、自分なりの答えを出して、毎日粛々と実践すればよいのです。

 

適切なアドバイスをくれるかかりつけ医が必要であるのは、美容の世界も健康医療の世界も全く同じです。

皆様の目的達成のため、さまざまな手法を紹介し、援助をする専門家としてお手伝いさせていただくのが、我々医師の役目です。

「美容も、健康も、まずはみぞぐちクリニックに聞け!」と言われるように、常に知識と人間性のアップデートは欠かさないように日々精進いたします。

 

しわ・たるみのケアの王道は、「ウルセラプラス(ウルセラリフト1回+サブライム5回コース」で⇒料金はこちら

 

 

 

 

 

投稿者: みぞぐちクリニック

2016.07.16更新


ウルセラ

先日ウルセラを藤本先生に打ってもらった後から、ウルセラ購入熱がメラメラと燃え上がってしまい、とうとう購入に至りました。

南大阪では恐らく当院が初導入ではないでしょうか?

(天王寺でも導入している医療機関は調べた限りではありませんでした。)

 

私がこのマシンにほれ込んだのは理由があります。

まず、第一にかなりの効果が実感できると自らが体感したこと。

先日のセミナーの際に、左頬にかるく打ってもらったのにもかかわらず、日を追うごとにじわじわと引き上がっていくのが明らかにわかりました。

もちろん無痛ではありませんが、私自身は全くがまんができる痛みでした。

デモンストレーションで当院の師長がその痛みを体験しましたが、レーザートーニングでも「痛い!」と感じる師長でも、「手に汗かいたわ・・・」とは言うものの、決してがまんできない痛みではありませんでした。

痛みに弱い方でも、鎮痛剤の筋肉注射および点滴で何とか痛みのコントロールはできると思います。

 

googleで「ウルセラ」と検索してみると、山のような情報がリストアップされます。

7年前にセンセーショナルな登場をして以来、たるみ治療に関してはいまだウルセラを超えるものはありません。

効果および安全性に関しては、韓国製の模倣品をはるかに引き離す実力です。

 

40歳を超えて、なんとなく頬とあご下がたるんできた、実感されている方に最適な治療法です。

効果の持続は6か月から1年と言われています。

もちろん、回数を重ねれば持続期間は延びていくと思います。

 

ウルセラリフトの料金設定ですが、今のところ下記を予定しております。

全顔(頬、あご下、目尻、眉上):¥200,000

頬・あご下:¥150,000

 

当院のたるみ治療のコンビネーションとしては、

①年に1~2回、ウルセラリフトで顔面の筋層を引き上げる

②1~2か月に1回、サブライムでコラーゲンを含む皮下組織を引き上げる

オプションとして、

①たるみの一因となる脂肪(頬、あご下)を「輪郭注射」で減量する

以上を繰り返せば、かなりの変化が期待できます。

 

年間の費用としては

ウルセラリフト・・・¥150,000~¥400,000/年

サブライム・・・¥80,000~¥160,000/年

合計で、¥220,000~¥560,000/年

月当たりに換算すると、¥19,000~¥47,000ですから、決して手の届かない高額治療ではありません。

リフトアップを謳う高級基礎化粧品は即効中止して、ビタミンA&C&Eの入ったシンプルなコスメのみを使用し、余った資金を施術に回せば、今までに体験しなかった目に見える効果が実感できます。

(ウルセラリフト全願とサブライム5回コースのセットメニューとして、「ウルセラリフトプラス」を¥250,000(税抜)で設定します)

 

エステでリラックスするのも精神衛生上良いことですが、本当に「変えたい、変わりたい!」と強く思うならば、美容皮膚科での施術を一度体験してみてはいかがでしょうか?

 

私たちは生き物である以上、確実に老化していきます。

筋肉と靭帯がゆるみ、コラーゲンは減少し脂肪は増え、否応なく重力に引っ張られてたるみは生じます。

昔なら、「仕方ない、歳だもの・・・」とあきらめました。

手術という方法はありましたが、そこまで踏み切れない方が大半でした。

いまならば、メスを用いることなく、人に気付かれることなく、自然な形で「顔の老化現象」を遅らせることができます。

場合によっては、時計の針をもとに戻すことができます。

 

我々は良い時代に生まれました。

少しの勇気といくらかの資金で、気分上々の「美」を手に入れることができるのです。

 

但し、美容に限らず何事もそうですが、「継続」することが大切です。

患者様からよく聞かれるのが、「先生、美容の施術も効果があるのはわかるけど、一度やったら、ずっとやらないと維持できないですよねぇ」というお言葉。

これ、まったくの真理です。

考えてみれば、物事を成就し、成果を維持するには、「継続」しなければならないのは当たり前のことです。

一回やれば、一生その状態が持続するなどありえません。

毎日の積み重ねが5年後、10年後に差が出てくるのです。

その努力と継続が面倒だ、と思う方は、結局何も手に入れることができません。

 

装飾品とブランド品で飾られたたるんだ顔の自分と、シンプルなTシャツとジーンズが似合う引き締まった顔の自分と、さて、あなたが目指すのはどちら?

 

投稿者: みぞぐちクリニック