ドクターMの「美と健康のかかりつけ医」ブログ

2019.03.10

雨の日は、自宅で「自分」と向き合う。

雨がしとしと降る日曜日。

このところ、日曜日はなんだかんだと外出し、休みなのに休みじゃない状況がつづいていましたが、本日はなにも予定がなく朝からずっと自宅内です。

月から土のウィークデイでは体力的にもメンタル的にも余裕がなく放置状態だったことを片付け、新聞も2日分読み、あらごみを片付け、汚れたブーツを磨き、、、、なんてしていると、あらら、もう夕方の5時!

休日はあっという間に、終わります。

そして人生もしかり。

あっという間。

悩んでいる暇もないかもしれません。

 

さて、ごそごそパソコン内のエバーノートの整理をしていると、以前ネット上からコピペした文書に目が留まりました。

普段はネット上の「情報の洪水」の中で溺れそうですが、そんな中、ピカッと光る文章を見つけることがあります。

さっと一読して「また読もう」と思うものは、エバーノート内に保存しているのですが、久しぶりに読んで、ハッとさせられました。。

少々長いのですが、ブログ内に掲載させていいただきます。(著者名の記録を忘れておりました。無断転載、陳謝)

 

4人のレンガ職人】

これはどの仕事でも同じことがいえるかもしれませんが、「こんな素晴らしい仕事をすることでお客様や他の誰かに喜んでもらいたい」という動機を持って仕事を始めながら、いつの間にか「食べるため」だけに仕事をしてしまっている人がたくさんいることも事実です。

もちろん私たちは「食べるため」に仕事をしています。しかし仕事の目的が「自分が食べるため」になってしまうと、自分の仕事においてお客様の存在は二の次になってしまいます。自分が食べるためだけに仕事をするなら仕事の質は下がってしまうことに違いありません。だって自分が良ければそれで良いという思考ですから。 

しかし仕事の目的が「目の前のお客様に喜んでいただく」ことであって、その成果として給料をいただき食べることができる、と「仕事の意味や価値」を考えることができたとしたら、毎日の仕事の質や時間が変わってくることでしょうね。

さらに一歩進めて自分の仕事がお客様に喜んでいただくことの先に何があるのか?と思考を巡らすことができたらどうでしょうか?

自分の仕事は目の前のお客様に喜んでいただくことですが、もし仮にそのお客様があなたのお店を訊ねて、あるいは商品を購入した後に、1000億円の国家プロジェクトの商談に成功したとしたらどうでしょう?あなたの仕事が目の前のお客様のさらに先にある「社会につながり」役に立っている、ということになります。このように考えると私たちの仕事は自分の与えられた役割だけをまっとうするものではなくなるのではないでしょうか?

イソップ寓話に「3人のレンガ職人」というものがあります。今日はそれをさらにスパイスアップした有名な事例「4人のレンガ職人」をご紹介します。

 

旅人がある国を旅していると開けた土地にたどり着きました。そこでレンガを積んでいる職人たちに遭遇しました。おもむろに旅人は職人の一人に尋ねました。

「そこで何をやっているのですか?」

1人目の職人Aは答えました。「見てわからんのか。俺はレンガを積んでいるんだ。暑い日も寒い日も、毎日毎日目の前にあるレンガを積んでいるだけだ。まあそれが俺の仕事だからな。」

「それは大変な仕事ですね。」旅人は慰めの言葉をかけると、職人Aは「なんで俺はこんなことをやらなければならないのか、もっと楽している奴らもいるというのに。まったくついていない人生だ。」と吐き捨てるように言いました。その言葉を背にしながら旅人はさらに歩みを進めました。

 

しばらく行くと2人目のレンガ職人に出会いました。旅人は尋ねました。「そこで何をやっているのですか?」

「ああ、俺はここで大きな壁を作っているんだよ。これが俺の仕事だ。」「それは大変な仕事ですね。」旅人はいたわりの言葉をかけました。 

すると「なんてことはないさ。この仕事のおかげで俺は家族を養っていけるんだ。ここでは家族を養っていく仕事を見つけるのが大変なんだ。俺なんてここでこうやって仕事があるから家族全員が食べいくことに困らない、俺はついている方だ。」

「そうですか、がんばってください。」旅人は男に励ましの言葉を残して歩き続けました。

 

またもう少し歩くと3人目のレンガ職人に出会いました。

「ここでいったい何をしているのですか?」旅人は尋ねました。

「ああ、俺達のことかい?俺たちは歴史に残る偉大な大聖堂を造っているんだ!」

「それは大変な仕事ですね。」旅人はいたわりの言葉をかけました。

「いやいや、これは俺たちの仕事が後世まで語り継がれる可能性がある大事業だ。俺たちが名声を得ることになるし、この大聖堂はいつまでも歴史に残るだろうな。すごい仕事ができているよ。大したものだ。」

「そうですか、がんばってください。」旅人は男に励ましの言葉を残して歩き続けました。

 

さらに少し歩くと4人目のレンガ職人に出会いました。「ここでいったい何をしているのですか?」旅人は尋ねました。 

「ああ、よく聴いてくれたね。この場所は素敵なところだ。俺たちはここで大聖堂を造っているんだが、この国の誰もが祈りを捧げる素晴らしい場所になるだろう!」

 

「それは大変な仕事ですね。」旅人はいたわりの言葉をかけました。

「とんでもない。ここで多くの人が祝福を受け、悲しみを払うことになる。何と素晴らしいことだろう!」

旅人はその男にお礼の言葉を残してさらに旅を歩き続けました。

 

4人のレンガ職人の言葉はこのように違います。

職人A:レンガを積んでいるんだ。

職人B:大きな壁を造っているんだ。

職人C:歴史に残る立派な大聖堂を造っているんだ。

職人D:みんなが集まって幸せな気持ちになることができる場所を造っているんだ。

 

4人の職人は同じ「レンガを積む」という行為をしていますが、その行為に対する思考はまったく違っています。

 

Aは命じられたままにさせられている作業のレベルです。働く目的や動機は報酬という見返りのためです。辛い労働だが食べるために日々耐えています。

Bは仕事をすることで自分だけではなく家族という第三者を養うことに目的が向いています。仕事をすることで自分の周りの人のためになっているということを理解しているレベルです。

Cは仕事を事業の業績と捉えてより大きな仕事を任せてもらえるようにがんばっています。この仕事を大きな事業の一部として捉えていますが、働く目的や動機は自己の向上、名声、スキル、年収、地位、評価、キャリアなどを得ることです。

Dはこの仕事そのものに社会的な意義を見出し、自分以外の人たちのどのような役に立っているのかを明確に表しています。今目の前の仕事はレンガを積んで壁を造っていて、それは大聖堂の一部だとしても、その事業がゆくゆくは多くの人が集まる場所となり、その人たちが幸せになっていくだろうということを想像しながら肯定的に仕事を捉えることができている人です。

 

同じ仕事をしていても自分の思考がその仕事にどのような意味や価値を見いだすことができるのか?

それによって職場にいる時間を変え、仕事に向き合う姿勢を変えます。それは全て自分次第です。自分の仕事にどのような意味や価値をつけることができますか?

 

うーん、深い。

自分はいったいAからDのどの位置にいるのだろうか?と考えました。

勤務医時代は、正直言って、AとBの間を行ったり来たりでした。

開業を目指したのは、直接はCのような動機。

そして、今、目指す理想はDの域。

医療と美容を通して、その先の社会への貢献ができればよいなと思います。

そのためには、人間的にも医療レベル的にも、さらにアップデートが必要です。

まだまだ修行が足りんな、と反省しきりですが、60歳までには自分自身に100点満点を上げれるよう、日々精進です。

 

花粉症がピークです。

美容施術にいらっしゃる方々も鼻ズルズルです。

もちろん当院は花粉症治療も承りますので、ご用命ください。

よろしくお願いいたします。

2019.01.05

1月より施術料金が改訂されました。

1月より、施術料金が改訂されております。
また、ウルトラセルQプラスが施術メニューに加わりました。
1月からのご契約より適応になります。
よろしくお願いいたします。

2018.12.16

痛みが苦手、でもリフトアップしたい方に。ウルトラセルQプラスはいかが?

12月も半分終わりましたね。

そして、クリスマスに突入からの、大晦日、お正月となんだか落ち着いているんだか、あわただしいんだか、わからない時節になってきますね。

相変わらず、今年も年賀状のプリントできていません。

「もう、年賀状はいらんわ」

と毎年思いながら、やっぱり書かないと気が済みませんね。

そういえば、勤務医時代の恩師も「もう、年賀状は書きません。インターネットで送ります」と今から20年近く前に宣言してました。

ほんとに書きたい人だけに、書きたいですね。

さて、今日のお題は、噂の「痛くないたるみ治療器」と評判の、「ウルトラセルQプラス」です。

実は、もう買いました。

スタッフルームに、ひっそりと置かれています。

「ウルトラセルQプラス」については、以前ブログでもアップしてますが、こちらの有名女医先生ブログの方が、説得力あるかと思います。

こちらをどうぞ⇒「麗ビューティークリニックブログ」

目元周囲もガッツリ照射できる、2.0㎜のカートリッジも用意されております。

 

さて、HIFU治療器の最高峰は、なんといってもウルセラです。

このマシンを凌駕するものは、この世にまだ存在しませんが、なんせ痛い。

でも、ウルセラはMaxパワーで打ってこそ効果バツグンですから、痛いからといってパワー弱めちゃダメなんです。

 

わかりやすく例えると、ウルセラのパワー調整は、昭和の扇風機みたいに「最強、強、中、弱」に分かれています。

そして、「最強」で打たないとしっかり効果が出ません。

痛みを和らげるために、その下のパワーにするとがっくりと効果が落ちます。

高額な値段に見合う効果がでないので、「不満足」になります。

 

その短所を改善したのが、「ウルトラセルQプラス」です。

「痛みが少ない」と言われるのは、主には次の2点が関係します。

①パワー調整が、0.1ジュールずつ上下できるので、痛みの我慢できるギリギリまで上げることができる。

②超音波の焼灼する点がウルセラに比べて小さい

なので、ウルトラセルQプラスでは、照射ライン数をウルセラの1.5倍くらいに上げないと効果が出てきません。

さらに、施術間隔を3~6か月に1回ぐらいにする必要があります。

ですが、施術料金はウルセラの半分程度になりますので、とりあえず、お財布にも優しいと言えます。

当院では、できるだけリーズナブルな料金で施術をお受けいただけるよう、努力いたします。

お正月明けには、正式な料金設定が確定しますので、ご期待ください。

 

そして、今週のおまけ。

エンビロンCクエンスシリーズの、旧パッケージ商品のバーゲン価格です。

今回は、Cクエンスシリーズのセラム3を2本のみのご奉仕です。

前回同様、ブログ読者&LINEお友達&直接来院でのご購入できる方のみです。

お取り置きはご遠慮いただいております。

販売価格は前回と同様です。

よろしくお願いいたします。

2018.04.01

4月1日から新メニュー導入&一部料金改訂いたします。

2018年4月1日から、新メニューの導入および料金の一部改訂をいたします。

レーザー脱毛(アレクサンドライト&ヤグレーザー)の「クラリティツイン」と、リフトアップ&肌質改善マシン「インフィニ ハイブリッド」を新たにラインアップに加え、ますます充実いたしました。

また、これから夏に向けて、お肌の露出が多くなりますので、「二の腕脂肪溶解注射」をメニューに加えております。

RF治療のサブライムとの組み合わせで、より脂肪減少効果が上がりますので、ご期待ください。

2017.11.02

LINEお友達限定!トリニティプラス5回コース20%オフ(¥200,000➔¥160,000)キャンペーンのお知らせ。

美容医療に敏感な方に大好評のトリニティプラス。美白、美肌を手に入れて、さらにはたるみまで改善できるトータルスキンケアマシンです。

5回コースの通常価格であっても、当院では1回40,000円で受けることができますが、「お気軽に」という値段ではございません。

ラインお友達限定ではございますが、さらに20%オフの160,000円(税抜)でご奉仕いたします。

初めての方も、リピートの方も、この機会にぜひ、トリニティプラスをご体感ください。

トリニティプラスについてはこちら

2017.10.02

プラセンタ注射 料金改訂です

10月1日より、プラセンタ(メルスモン、ラエンネック)の料金改訂をいたしました。

単回注射のお値段には変更がありません。(1アンプル 1,500円 2アンプル 2,500円)

今までの「1アンプル×10回コース、2アンプル×10回コース」は無くなりました。

新たに「10アンプル、20アンプル、30アンプルのまとめ買いセット」を設定いたしました。

特に30アンプルセットは、1本あたり1,000円を切るお得なセットになっております。

「ちょっと調子が悪いから、いつもは1アンプルだけど今日は2アンプル打っとこう」なんてことも可能です。

ずっと打ち続けるから、さらに効果のでるプラセンタ。

リピートの方も、これから始める方も、セットでお得に続けましょう。

【プラセンタセット料金】

10アンプルセット・・・・13,000円

20アンプルセット・・・・20,000円

30アンプルセット・・・・27,000円

(価格はいずれも税別です。)