ピコウエイ

2019.10.03

今回もピコウエイ、ちょっとプロモード。

現時点では、ピコレーザーでの最新機種といえる「ピコウエイ」です。

現在国内でメジャーといえるピコレーザーは、ピコウエイ、ピコシュア、エンライトン、ディスカバリーの4つですが、ピコウエイが頭ひとつ抜きんでているのは、パルス幅の短さだけでなく、オプションのハンドピースが充実しており、他機種にくらべて治療の幅が広いことも挙げられます。

当院も役に立ちそうなハンドピースをいくつかアメリカから輸入しております。

先日、それらが届きました。

①1064nm Resolve(リゾルブ)

②730nm zoom(ズーム)

③532nm Resolve(リゾルブ) 

④532nm Fusion(フュージョン)

 

 

それぞれに、レーザーの波長と「ズーム、フュージョン、リゾルブ」の組み合わせで名前がついております。

それぞれの特徴は、

①1064nm Resolve(リゾルブ)

「ピコフラクショナル」治療に使用。おもに真皮にかけてのコラーゲン・エラスチン増生効果が期待できる。表皮の色素改善効果は若干弱いかもしれないが、真皮近くにあって、もやっとした色素には強い。なおかつ肌質改善、コラーゲン増生も期待できる。当院では、ピコトーニングとの組あわせ「ピコダブル」として設定されている。

②730nm zoom(ズーム)

アレクサンドライトの波長(755nm)に近いため、「ピコスポット」治療(部分的なシミ)に使用。ピコウエイに標準装備の532nm Zoomほど無駄に強くないので、炎症後色素沈着が少ない印象。IWPも起こるので、エンドポイントが分かりやすく、術者にとって使いやすいと感じるハンドピース。

③532nm Resolve(リゾルブ)

1064nmリゾルブと同様にフラクショナル照射が可能。美肌、毛穴の縮小に効果が期待できる。病変のカバー率が5%ぐらいなので、色素治療には向かない。さらに、532nm の波長が故に、いかんせん肌へのダメージが強すぎるきらいがある。がっつりやってダウンタイムもある程度許容できる方には良いかも。最近はあまり使われない傾向に。。。

④532nm Fusion(フュージョン)

532nm Resolve(リゾルブ)の弱点であるピークパワーの強さと病変カバー率の低さを改善するため、「アキシコン」と呼ばれる特殊レンズを使用し、レーザー光を弱め調整したフラクショナルハンドピース。色調改善、毛穴縮小、肌紋理の改善など表皮の改善効果が期待できる。1064nm Resolve(リゾルブ)との同時施術で、表皮~真皮まで万遍なく治療ができる。当院では「ピコダブル」として、ピコトーニングとの組み合わせも可能。

 

かなり、プロモードでの説明となってしまいましたが、要するに「様々なハンドピースの組み合わせで、現在もこれから先も、ピコウエイなら最新・最善の治療ができる可能性大」ということです。

これは、他社ピコレーザーの追随を許さないシネロン・キャンデラの努力の賜物でもあります。

そして、各ハンドピースの開発にご尽力下さった、みやた形成外科皮膚クリニックの宮田先生の叡智とこだわりの結晶でもあります。

さらに、我々エンドユーザーは、臨床的な経験のもとにさらにアレンジを加えていき、最善の方法を探っていきます。

これからも美容皮膚科を生業にするプロとして、結果にコミットしていきたいと思います。

2019.10.02

密かに始動ピコレーザー

10月なのに半袖でも過ごせる初秋ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

みぞぐちクリニック美容皮膚科部門には、新たなメニューがラインアップされています。

 

一つは「ピコレーザー」による総合的な美肌治療。

ご存じのように当院ではピコレーザー最新機種である「ピコウエイ」を7月に導入いたしました。

いままでは「スペクトラ」というQスイッチ「ナノ」レーザーを採用しており、これはこれで優秀なレーザーであります。

とくにこの「スペクトラ」を使った「デュアルピール」という施術は「美肌&美白」にはかなり効果を見せてくれますので、いまもなお施術メニューには残しているのですが、それでもまだ消えない「もやっとした」薄い色素沈着もあります。

そのような従来のレーザーではなかなか消えにくい色素沈着に対処するため、ピコウェイを採用いたしました。

7月から現在までの3か月間、「ピコトーニング」という施術名でメニューに採用しております。

但し、この「ピコトーニング」には、スタンダードなパワー設定がいまだに存在しません。

当初からピコウエイを導入した経験の多い先生方が、メーカーに設定の情報を提供し、一般ユーザーであるわれわれはそれを参考に、さらにアレンジして施術しています。

当クリニックでは、推奨パワーの1.5倍ぐらいで照射しています。

その理由は一つ。

ピコレーザーは、メラニンだけを破壊し周囲にあまり熱の影響を与えないパルス幅を持っています。

逆にいうとメラニンにしか効果がないのです。

従来のナノレーザーでは周囲に熱が放散しやすいのですが、それが逆に線維芽細胞を刺激し、コラーゲンやエラスチンを増生することができました。

そのため、ナノレーザーでトーニングをしていると、色素沈着も減り、おまけに肌もなんだか張りがでてくるのです。

ところが、ピコレーザーでのトーニングを「通常パワー」で受けたことのある方は、「ん?なんか全然やってもらった感がない!」と思われる方がほとんどです。

まず、まったく痛くないし、熱くもありません。

レーザーメーカー側も、「ピコトーニングは、色素除去だけに効くと思ってください」といいます。

本来の目的が色素沈着の除去なので、もちろんそれはそれでよいのですが、パワーアップ照射して、真皮以下に熱を蓄熱させて、線維芽細胞を刺激してやることが大切だと思っています。

いまのところ、1.5倍のハイパワー(6㎜スポットで0.9~1.0J)で照射してもこれといった副反応もないので、ほとんどの方でこのパワーまでアップして照射しています。

そして、ショット数も推奨の2倍、全顔で4000ショット

これでも30分枠内で施術は終了できます。

なにも早く終わる必要はありません。

効果がすべて。

メラニンが消えてなんぼ。

患者さんファースト。

そして、プロの意地。

 

9月には、「ピコフラクショナル」治療を実施できる、新たなハンドピースがアメリカから届きました。

目立つ毛穴やザラッとした肌を何とか変えていきたい、でもエコツーなどのハードな治療はちょっと。。。というかたに、ダウンタイムの少ない「ピコフラクショナル」は朗報です。

通常であれば、1日くらいの顔の赤さで元に戻ります。

「ラセムド」パックマスクを術後に使いますので、さらにダウンタイムは短くなります。

ただし、もちろんのことですが、1回だけの施術でツルツルのピカピカで、数年もちます、なんて夢のような話ではありません。(そんな施術メニューなど、この世に存在しませんが・・)

デイリーケアもしっかり行いながら、1か月に1回、フラクショナルレーザーを受けることで、1年後にはかなりの変化が生まれます。

少なくとも肌の老化スピードは遅くなります。

これはピコフラクショナルレーザーだけにかぎらず、他の施術でも実感しているところです。

 

そして、ーマペン4」もメニューに採用されました。

これは、また詳しく書きますが、単純に「ダーマペン」当てて、ハイ終わり、では効果が薄いようです。

そこに、成長因子だとか、PCL(ポリカプロ酪酸)などのコラーゲン刺激物質を導入してあげることが、重要だと思います。

コストはかかりますが、それに見合った効果を期待できるのでは?と思っています。

 

10月からは消費税10%ですが、当院では美容施術・ドクターズコスメ・サプリメントのご購入に際し、税別価格の10%ポイント還元しております。

当院のリピーターの方には非常に喜ばれております。

是非皆様ご利用くださいませ。

よろしくお願いいたします。