ドクターMの「美と健康のかかりつけ医」ブログ

2020.03.29

春はリフトアップして、気分もアップ!!ウルセラ&初めてのウルトラセルQ+4月限定キャンペーン

平日も休日も、自宅にこもりがちになる今日この頃です。

外食の機会もめっきり減って、気分はやや下降モードです。

そして、40歳を過ぎると、頬とフェイスラインとあご下も下降モードですね。悲しいけど。。。。

エステで、マッサージしたところで効果ないのはわかっているけど、やってみる。

その理由は、「お手頃だから」

でも、効果のないものを、何回やっても同じです。

効かない薬を「そのうち効くかも」と思いながら飲んでも、効かないのと同じですね。

ならば、効果のあがる可能性のあるものを、少々コストはかかるけどもトライしてみるべきです。

手術以外で、一番即効性のあるものは、もちろんスレッド(糸)です。

私も、この1月に左右計6本入れました。

ただし、これは入れた瞬間が最大効果ですから、半年に1回左右1本ずつ追加が必要です。

「顔に異物を入れる」ことに抵抗のない方は、まずスレッドをお勧めします。

(当院でも、この夏以降に開始する予定です。)

 

そして、「異物をいれるのは、ちょっと・・・」と思われる方、「痛いのはなんとか我慢できる」という方は、やはりHIFU(ハイフ)です。

当院では、①ウルセラリフトと②ウルトラセルQプラスの2機種をご用意しています。

めっちゃ痛いけど、効果が上がる確率が高いのは、もちろん「ウルセラリフト」です。

HIFU治療の元祖というだけあり、いまだウルセラを超える効果を発揮する機器は発売されておりません。

HIFUは組織を超音波のビームで焼灼し変性させて効果を発揮させますから、痛みの程度は効果に比例します。

よく「痛みのないHIFU」などと銘打った製品がありますが、これは超音波ビームのエネルギーを低くして当てているだけでしょうから、効果が低くて当たり前です。

最近当院では、ウルセラを静脈麻酔で鎮静下に行うことが多くなってきました。これなら、痛みの自覚はゼロです。

そして、ウルトラセルQプラスはウルセラリフトより痛みが少ないので、比較的受けやすいHIFUです。

顔のたるみ治療ウルトラセルQ+

とは言っても「痛みがゼロ」ではありません。

そこそこ痛いです。というか、前述の理由でパワーを上げないとやっぱり効果が出ません。

この点は、製造元のジェイシス社も理解してきたようで、施術時の許容ピークパワーの上限を0.2ジュール上げたプロトコールに変更してきました。

もちろん、当院は導入時点から、「ハイパワー、多数ライン照射」でやってます。

MAXラインは800ラインも打ちますが、そんな照射数でやってるところ、おそらく日本でないんじゃないでしょうか?

少なくとも、大阪府内ではありません。

 

で、ここまで読んだら、このブログの常連読者さんなら、「くるで、くるで~、キャンペーン、来るで~」とワクワクしながら、読んでるでしょう。(あ、先にLINEクーポン飛んでるか・・・)

はい、4月末までの限定ですが、今回も驚愕のキャンペーンやります。

こちらは、シンプルに「ウルセラリフト 460ライン」を通常価格180,000円(税別)を126,000円(税別)の30%オフでのご奉仕です。

ウルセラリフト

 

 

 

 

 

 

そして、そして、「はじめてのウルトラセルQ+キャンペーン」もやります。

こちらは、当院で「ウルトラセルQ+」を未体験の方限定で、痛みの軽いHIFUである「ウルトラセルQ+ MAXリフト」をお得な価格で受けていただくキャンペーンです。

こちらは、通常価格100,000円(税別)を特別価格50,000円(税別)の50%オフ!!での極限キャンペーンです。

こちらは4月30日までの施術できる方、限定10名様です。

(クーポンに記載のキャンセルポリシーにご注意ください)

おそらく数日で埋まりますので、お早目に。

 

 

もうキャンペーンだらけで、頭が混乱してきそうですが、LINEで飛んでくるクーポンをしっかりと読んで、この先の自分磨きの計画を立ててください。

よろしくお願いいたします

 

★ウルトラセルQプラス「リニア」とインフィニ・ハイブリッドのコラボで二重あごと頬の脂肪撃退メニュー「ウルトラセル・ハイブリッド」のキャンペーンも、好評です。4回コース240,000円(税別)を20%オフの192,000円(税別)でお受けできます。(5月31日ご購入分まで)

 

2020.03.11

大阪発、「部分痩身プロジェクト大阪2020」の痩身メニューのご紹介

コロナ、コロナで外出もはばかられて、休日もまったり自宅で過ごす人も増えてます。

食っちゃ寝、食っちゃ寝の連日の生活で、思わぬ体重増加に驚く人も多数ありと推測します。

そんな生活をしてなくても、年齢とともに基礎代謝が落ちて、付いては欲しくないところに「脂肪」がしっかりと付いてきます。

「あご」「お腹まわり」「二の腕」「背中」「太もも」「お尻」

あらゆるところに付くわ着くわ、もう勘弁して状態ですが、肉体の変化は容赦してくれません。

もういっそのこと諦めて、おばはん街道まっしぐらもいさぎよいかもしれません。

が、しかし、女の美意識捨てるには、あまりにも早すぎるし、生きていく意味の半分はなくなっちゃう!と思って当然でしょう。

さあ、それでは、毎日腹筋30回×3セットを忘れずやって、スクワット、腕立ても同じくらい続けましょう!!

・・・って、できないっす。

じゃあ、毎日ササミの肉ばかり食べて、炭水化物減らして、頑張りましょう!!

・・・て、痩せたけど、なんか、やつれた感じ満載。

理想と現実のギャップ。

やったら効果あるのわかってるけど、できない実際の生活。

けど、けど、もう3月。夏まであと3か月。

Tシャツ、ポロシャツ、ノースリーブ。

隠したいけど、隠せない、そのしっかり貯蓄された贅肉。

全然、贅沢してないのに、たまる贅肉。

悲しすぎます。

そして、容赦なく夏はやってきます。

隠そうにも隠せません。

でも、我々は良い時代に生まれました。

努力する時間と気力のない方には、最新の部分痩身マシンがあるじゃ、アーりませんか!のチャーリー浜。

 

当院でご用意できる「部分痩身」メニューは、これ。

1)ウルトラセルQ+・リニア :HIFU(ハイフ)のパワーで、脂肪細胞を減らします。(あご、頬)

2)インフィニ・ハイブリッド :RF(ラジオ派、高周波)のパワーで、脂肪細胞を減らします。(あご、頬)

3)ウルトラセル・ハイブリッド:上記のHIFUとRFを同時に施術し、脂肪細胞の破壊効率を上げて、より早く効果を発現させます。あご、頬)

4)エムスカルプト:筋肉を収縮・増大させながら、同時に脂肪細胞を減らします。(お腹、二の腕、お尻)

5)ヴァンキッシュME:RF(ラジオ派、高周波)のパワーで、広い範囲の脂肪細胞を減らします。(お腹、背中、二の腕、お尻、太もも)

6)セルトーン:衝撃波により、セルライトを減少させます。(お腹、二の腕、お尻、太もも)

7)脂肪溶解注射「ミケランジェロ」:Lカルニチン、αリポ酸などの成分で脂肪細胞を溶解します。(皮下脂肪のあるすべての部位)

 

きれいな体とは、「出るとことが出て、引っ込むところが引っ込んでいる」メリハリのある体のことです。

まずは、ご自身の気になるところから始めましょう。

 

そして、恒例のキャンペーン。

今回は、「ウルトラセル・ハイブリッド」4回コースのキャンペーンです。通常料金の20%オフで提供させていただきます。

さらに、この4回コースをご購入下さった方への特典として、

「エムスカルプト+ヴァンキッシュME 4回コース(一部位のみ)」を通常料金合計300,000円(税別)のところ、50%オフの150,000円(税別)で購入できる権利を付与いたします。

フェイスラインをシャープにして、お腹にくびれを取り戻し、二の腕しっかり引き締めて、ヒップアップも加えれば、この夏はTシャツとデニム姿に自信が持てます!!

LINEお友だちへディスカウントクーポンが届きますので、ご登録まだの方はよろしくお願いいたします。

大阪で、エムスカルプト&ヴァンキッシュMEが同時に受けられるのは、みぞぐちクリニックだけです。

夏までに、ボディスカルプティングで、だらんだらんの醜いカラダにオサラバしようじゃ、アーりませんかっ!

関西人なら必ず知っている、この人、このギャグ。

今、いったい彼は、「いずこへっ?」

 

 

 

 

2020.02.11

ダーマペン4+成長因子でかなう超美肌!

今日は暖かい祝日でした。

私の自宅は関西国際空港に程近いところにありますので、りんくうアウトレットにもアクセスが非常に良いので時々行きます。

いつもの祝日ならば、中国人&日本人でごった返しているはずなのですが、今日はほんとに人が少なく、平日並みでした。

コロナウイルスの件が鎮静化するまで、大阪のインバウンドも一休みといったところでしょうか?

こんな時はショッピングよりも自分磨きに時間とコストをかけておきたいものですね。

「部分痩身プロジェクト大阪2020」は、「エムスカルプト」と「バンキッシュME」に、「セルトーン」、「ウルトラセルQプラス・リニア」、そそして「インフィニ・ハイブリッド」を加え、皆様のゆるっとしたお身体を5年は若返らせて見せましょう!的な意気込みですが、本来の「美容皮膚科」的な施術も、さらに充実させております。

2月は、いよいよ「ダーマペン4」が本格的に稼働いたします。

目的は、他のフラクショナルレーザー系と同じで、「肌のテクスチャー改善」です。

毛穴の開大改善、ニキビ跡改善、小じわ改善、ざらっとした肌を滑らかに整えることなどが最大の目的です。

エコツーなどの「炭酸ガスフラクショナルレーザー」では、表皮をいくらか蒸散させながら、真皮層まで小さな穴をあけて皮膚を再生させますので、効果は絶大なるものがあります。

一方、ダーマペンはカートリッジ先端についた16本の針が肌に「機械的に」孔をあけますので、蒸散作用がない分、肌の再生効果においてはエコツーに劣ります。

しかし、ダーマペン4はエコツーとは異なりレーザーによる「熱」の発生の影響がないため、「顔の赤みが4~5日続く」「肌にざらざらとしたかさぶたができる」などのダウンタイムがかなり少ないのです。

また、麻酔クリームを塗っておけば、エコツーに比べて痛みはかなり少なくなります。

ゆえに、

①エコツーの4~5日間続く、ダウンタイムが許容できない。

②エコツーの「熱い・痛い」感覚が我慢できない。

③エコツーほどの絶大な効果は期待しないが、徐々に美肌に近づきたい。

といった方には最適と思われます。

ただし、ダーマペン4では、カートリッジ先端の針の長さを0・5~2.5㎜まで変化させることができますので、「真皮までがっつり」深く施術すると、皮膚の出血もそこそこ多くなります。

ただし、この出血こそがダーマペン4の効果の裏打ちでして、血液中の成長因子やサイトカインなどの組織修復&再生に必要な物質が表皮&真皮に漏れ出ることによって、再生効果が上がるのです。

ですがそれは心配には及びません。

皮膚表面の出血は術後しばらくすると必ず止まりますし、皮下出血も思いのほか消退が速いようです。

それでも術後の皮下出血や赤みが気になる方には、「カバー・リカバー」というコンシーラーのようなクリームをお渡していますので、日常生活では格別不都合は起こらないようです。

先日、デモ患者さんにご協力いただき、目の周りのシワに対しかなりアグレッシブに施術をしたところ、想定以上に皮下出血が残りました。

しかし、「カバー・リカバー」でほぼ完ぺきにコンシールできたので、術後のダウンタイムはほとんど気にしなくてよかった、と言っていただきました。

 

 

 

一般的に言って、フラクショナル治療というものは、組織に傷をつけることによって「自らの治癒力」を利用して肌を再生するものです。

故に、個人や年齢による肌の再生能力の違いが結果に反映されて当然です。

その差をなくすためにも、フラクショナル治療には「成長因子」の塗布が必須と私は考えています。

エコツーを継続していたひどいニキビ跡の方の肌の改善度が、成長因子を使うと使わないとではかなり違うことからも納得できます。

特に「エクソソーム」という成長因子の一種が高濃度に含まれている「ASCE+」という製品は、かなりの効果を出してくれました。

値段的に高い「アムニオジェニックス」よりも、もしかしたら効果は上回るのではなかろうか?、とちょっと思い始めています。

最終的な結論はこれからわかることでしょうが、値段と効果のバランスでは、今のところエクソソーム」がたっぷり入った「ASCE+」が一番よいでしょう。

1バイアル30,000円(税別)で決して安くはございませんが、お試しいただく価値は十分にあります。

また、ダーマペン4とマッサージピールを組み合わせての「ヴェルベットスキン」も巷で好評ですが、ちょっとhardな治療でもありますので、美容上級者の方だけにお勧めしたいところです。

この施術は、マッサージピール単独のライトな感じではなく、結構ピリピリとした痛みもあります。

効果アップとともに強い刺激を許容できる方のみOKだと思ってください。

 

 

 

 

というわけで、2月のお得なキャンペーンは、「部分痩身プロジェクト大阪2020」に引き続き、

「ダーマペン4+成長因子でかなう超美肌!」と題しまして、LINEお友達に限定ではございますが、クーポンでドドーンとお届けいたします。

過去に単独でダーマペンを受けられて、「今一つ効果がわからない」方も、初めてダーマペンを受けられる方も、このお得な機会に「成長因子」を加えたダーマペン治療をご経験ください。

繰り返し繰り返し施術を続けることにより、理想の肌質に近づくことでしょう。

 

 

「美しさは忍耐と継続の賜物なり」

ちょっとだけ美容皮膚科施術を体験して、「なんか効果がよーわからん」と言ってやめる方が9割以上のこの世界で、本当の効果を享受しているかたは、とにもかくにもしぶとく「続けている」残り1割の方だけです。

私なんかは、効くものも効かないものも全部ひっくるめてこの5年間体験してますので、結果として肌年齢は52歳のおっさんの平均値よりかなり若めになっています。(こう言ってしまうと、かかったコストの話になってしまいますが・・・)

理想は40代前半から、遅くとも50代半ばまでに、美容施術を開始して継続することにより、素敵な60代をゲットできます。

 

そして、それは肌も肉体も一緒です。

「部分痩身プロジェクト大阪2020」は単なる「痩身」治療にとどまらず、衰えていく肉体を目覚めさせる「喝」でもあります。

体幹を鍛えることにより、最終的には全身のエイジングケアに結び付けていくことができます。

まずは、中年以降に増えてくるお腹の脂肪に対してアプローチしてください。

「脂肪をとる」だけでなく「体幹を鍛える」ことができる「エムスカルプト」は、理想の部分痩身機器と言えるでしょう。

「ヴァンキッシュME」を加えることにより、さらなる効果アップが期待できますので、一度お試しください。

もちろん、ヒップアップ、二の腕の「振袖」減少、太もものサイズ縮小などにも効果が期待できます。

夏まで、あと半年。いや、肌の露出する季節までには、あと4か月しかありません。

でも大丈夫。

「エムスカルプト」と「ヴァンキッシュME」と「セルトーン」は、皆さまの美しい肉体づくりに一役買わせていただきます!

Sさん改め、院長の私、エムスカルプトでかなり腹囲が減りました。

週一でボクシングジム通ってますが、ストレートパンチが「パシン」から「スパーン!」に変わったような気がします。。。

来週には、4回終了後のビフォー&アフター、アップしますので、お楽しみに!

2020.01.05

2020年は、ボディシェイピング施術に注目です。

あけましておめでとうございます。

いよいよ2020年も始まりました。

ですが、あまりに時間経過のスピードが速すぎて、年末年始の感覚が薄めです。

さて、昨年のブログでもご報告の通り、今年のみぞぐちクリニックは通常の美容医療に加えて、さらに「部分痩身」に注目していきます。

30代の若年世代はもちろんですが、とくに40代半ば以降にフェイスラインとボディラインがぼってりしてきた方に是非トライしていただきたいと思っています。

「部分痩身プロジェクト2020」に使用するマシンは、以下の4つです。

①顔(頬・あご)の部分痩身・・・・・ウルトラセルQプラス 「リニア」

②腹部、二の腕、ふくらはぎ、臀部(ヒップアップ)・・・・エムスカルプト

③腹部、背部、太もも、二の腕・・・・ヴァンキッシュME

④セルライト・・・・セルトーン

 

いつものように、さっそく院長自らが体験して、効果を実証していきます。

まずは、ウルトラセルQプラス「リニア」。

正月早々、クリニックに赴き、、バシバシ打ち込んできました。

カートリッジに「Linear 4.5」との表示。

通常のHIFUとは異なり「リニア=線状」に照射されますので、周囲へ熱が放散しやすく、痛みも和らぎます。

 

私の場合は、マーラーファットとバッカルファットが最近目立ってきました。

顎下の脂肪は相対的には少ないので、今回は照射はしません。

集中的に、片方200ラインずつ、計400ラインを打ち込みます。

通常の4.5㎜カートリッジで打ち込むよりも痛みは格段に少ないです。

メーカー推奨は、0.4~0.7ジュールですが、痛みに強い私は0.9ジュールまでアップさせて打ち込みました。

今回は「追加照射」として、通常の3.0㎜カートリッジで1.2ジュール(こちらも通常は0.7ジュールがスタンダード)200ラインを照射しました。さらなる脂肪減少とリフトアップが期待できます。

さらにさらに、1.5㎜のカートリッジで200ラインも照射。いわゆる「ハイフシャワー」的な打ち方で表皮に熱を加え、ハリを引き出します。

 

 

通常は、この「リニア」での治療を2週間に1回の間隔で行うと、効果が実感しやすいと思います。

術後は、熱による浮腫が若干のハリをもたらしますので、メーカーがよく言う「即時効果」がみられますが、これはHIFU治療の本質ではありません。

脂肪細胞のアポトーシス(壊死)もすぐには起こりません。

1~3か月かけてじわじわと進みますので、最大効果がみられるのは3か月後です。

ん?、これって、HIFU治療でリフトアップがみられる経過と同じですね。

私の考えるに、HIFU治療ではSMAS層への照射は確実にリフトアップにつながります。

しかし、それ以外の部分(真皮と皮下組織層)では、コラーゲンとエラスチン増加および脂肪細胞減少によるものが効果の主役ではないかと。

実際に組織が短縮してリフトアップに貢献している部分はSMAS層に限られているのではないのでしょうか???

最近では、HIFU治療の経験の多い先生は、4.5㎜のカートリッジではSMAS層のみ照射するようですし、この考えはおそらく正解なのでしょう。

HIFUと一緒にサーマクールなどのRF(高周波)治療を併用すると効果がアップすることからも、これは納得がいきます。

 

よって、40代以降のボッテリとした脂肪ををスッキリと減らすには、「HIFU」と「RF」の組み合わせがベストといえます

(この場合、リフトアップはおこないません)

当院においては、HIFU機器は「ウルトラセルQプラス・リニア」、RF機器は「インフィニ・ハイブリッド」を下記の要領で使用します。

①インフィニ・ハイブリッドでRF(高周波)を頬・あご下などの脂肪の多い部分のみ照射。

②ウルトラセルQプラス3.0㎜のスタンダートカートリッジで脂肪の多い箇所を左右それぞれ50~100ラインずつ計100~200ライン照射。

③ウルトラセルQプラス4「リニア」カートリッジで脂肪多いところを左右100~150ラインずつ計200~300ライン照射。

 

全行程30分ぐらいで済みますし、ウルセラよりも痛みが少ないので、施術の敷居を低くさせてくれます。

名付けて「ウルトラセル・ハイブリッド」!

、、ってそのままですが。。。

2020年から正式なメニューに加えています。

通常のウルトラセルQプラスでは400ラインで60,000円がスタンダード料金です。

他のクリニックではなかなか受けることのできない治療ですし、ぜひ効果をご体感ください。

 

次回は、いよいよエムスカルプトです。

2019.12.22

部分痩身プロジェクト大阪2020~新しい痩身HIFU「ウルトラセルQプラス リニア」~

さて、今回は前回の続き。

「痩身プロジェクト2020」では、腹部、臀部、四肢などの痩身には「エムスカルプト」&「ヴァンキッシュ」の2つの機器がメインとなりますが、やはり気になるのは「あご下」や頬・口元の余分な脂肪だと思います。

当院でも脂肪溶解注射、インフィニ・ハイブリッドやトリニティプラスなどのRF(高周波)治療で対応している領域ですが、今後は次なる方法が導入されます。

それは、「ウルトラセルQプラス リニア」と呼ばれるカートリッジを使った治療です。

ご存じの通り、「ウルトラセルQプラス」は、韓国の美容機器トップメーカーであるジェイシスが販売しているHIFU機器です。

基本的な理論はHIFUの最高峰機種「ウルセラ」と同じですが、やはり後発品だけあって、本家本元の「ウルセラ」には設定のないカートリッジである「リニア」を開発しました。

Linear(リニア)とは「線」を意味します。

イラストのように焼灼部分が「線状」になるため、従来のドット状と比べると痛みが少ないのが特徴の一つです。

また、熱エネルギーがドット状よりも6倍広範囲に広がり、脂肪細胞を壊死させることができます。

タイトニングとリフトアップよりも、脂肪減少に目的を置いているカートリッジというわけです。

 

メーカー推奨は300ラインですが、もちろん400ライン照射をすれば、さらに効果が上がります。

そのため当院では、400ラインで60,000円(税別)の設定にしています。

さらに、1回の治療で終わるよりも、2週間おきに3~4回照射することで、より高い効果が期待できるのは言うまでもありません。

照射部分は、「あご下の脂肪」「頬や口元の脂肪」です。

LINEお友達の方には、3回コースでお得なプランもご用意しておりますので、お楽しみに!

 

また、HIFUとRFを組みあわせた「ウルサーマ」(ウルセラとサーマクールの同時施術)のコンセプトと同じように、インフィニ・ハイブリッドとの組み合わせ治療も効果的と思われます。

脂肪吸引は最も効果的ですが、そこまで侵襲的な施術を受ける気持ちがない方も多くいらっしゃいます。

この「ウルトラセルQプラス リニア」と「インフィニ・ハイブリッド」の組み合わせは、は徐々に脂肪が減っていき、同時にタイトニングもできればよいと思われる方には、最適な治療でしょう。

さあ、「痩身プロジェクト大阪2020」で、来年はメリハリの利いた極上ボディを手に入れましょう!

最新の機種を使って、最小の努力だけで、最大の効果をゲットです!