ドクターMの「美と健康のかかりつけ医」ブログ

2020.03.29

この春は、エムスカルプト&ヴァンキッシュMEでボディシェイプ!!

新型コロナウイルスの影響は、欧米、東南アジア諸国では甚大なものがありますが、しばらくお気楽モードであった日本もそろそろ油断できない状況になりつつあります。

自然に不要不急の外出は避けて当然ですが、お家でじっと籠るだけでは、精神的にも肉体的にも参ってしまいます。

不特定多数の集まる換気の悪い密閉空間は絶対避けるとしても、個別で安全な空間であれば、安心できます。

当院では、換気を十分、次亜塩素酸水での消毒、職員スタッフの手洗い等に十分留意しております。

当美容皮膚科外来も、ありがたいことに、いつもと変わらず皆様にご来院いただいております。

 

さて、昨年秋からこの春にかけては「この顔のシミ、取れますか?」的なご依頼が季節的にも多く続いておりましたが、それもそろそろ一服してきました。

キャンペーンでお得に受けて頂けるダーマペンと成長因子、ピコフラクショナルと成長因子の組み合わせは、多くの方に好評です。

どちらの施術もある程度のダウンタイムがございますが、成長因子(MPFやASCE+「エクソソーム」)が抗炎症作用を持ち合わせていますので、併用により効果アップとダウンタイムの低減を図ることができます。

とはいえ、1回めから目を見張るような効果がでる方は、多くいらっしゃいません。

多くの方が、3回目あたりから効果を実感されます。

ご自身の肌に合う施術であれば、それを継続的に受けることにより、さらに肌の状態が上向いてきます。

「これは、合わないな。」と感じたならば、次からは他の治療をトライしてみるチャレンジ精神をお持ちください。

なんでも良いので、とにかく続けることで肌は少しずつ変化していきます。

実際に1~2か月に1回のペースで施術を受け続けている方は綺麗になっていきます。

老化との戦いに負けず、自分の弱い心にも負けず、粛々と続ける方に「美の女神」は微笑みます。

決して美容医療を自分の中のブームで終わらせないぞ、という気持ちがある限り、必ず成果は現れます。

・・・とはいっても、ドロップアウトする方が数多くいるのが現実ですね。

まさしく、これは「筋トレジム通い」と同じです。

 

さて、それはそうと、「部分痩身プロジェクト大阪2020」は新型コロナウイルスの影響なく絶賛展開中ですが、やはり「効果が出てきたけど、もう1クールやりたいけど、コストが。。。」の声が多いの事実です。

特に皮下脂肪の多い女性の方は、4回で満足のいく結果に到達できるかたは、少ないでしょう。

やはり1~2週の間隔で計8回は必要です。

ちなみに、部分痩身の代表機器、冷却系の「クールスカルプティング」は、1回平均50,000円が相場です。

そう考えると、当院のエムスカルプトのHP掲載価格「4回200,000円」は、高くもなく、安くもなく、部分痩身の施術料金の相場通りです。

ですが、このご時世、フツーのことやってもあまり面白くありません。

「部分痩身プロジェクト大阪2020」の特別ご奉仕プログラムとして、ドドーンとやります。

適応は、「お腹」と「お尻」です。

絶対痩せてもらうため、「エムスカルプト」&「ヴァンキッシュME」の超ハイブリッドでやります!

でも、ここではその詳細は書けません。

なぜなら、深い深~い大人の事情があるからです(汗)

完全にLINEお友だちの方限定で、あり得ないくらいの超シークレットキャンペーンです。

そのため、申し訳ないのですが、期間限定で実施させていただく予定です。

本気で、ボディシェイプしたい方は、この機会をお見逃しなく!!

 

今回は春のキャンペーンの第一弾です。

まだまだ、春のキャンペーンは続きますので、お見逃しなく!

 

 

2020.03.11

大阪発、「部分痩身プロジェクト大阪2020」の痩身メニューのご紹介

コロナ、コロナで外出もはばかられて、休日もまったり自宅で過ごす人も増えてます。

食っちゃ寝、食っちゃ寝の連日の生活で、思わぬ体重増加に驚く人も多数ありと推測します。

そんな生活をしてなくても、年齢とともに基礎代謝が落ちて、付いては欲しくないところに「脂肪」がしっかりと付いてきます。

「あご」「お腹まわり」「二の腕」「背中」「太もも」「お尻」

あらゆるところに付くわ着くわ、もう勘弁して状態ですが、肉体の変化は容赦してくれません。

もういっそのこと諦めて、おばはん街道まっしぐらもいさぎよいかもしれません。

が、しかし、女の美意識捨てるには、あまりにも早すぎるし、生きていく意味の半分はなくなっちゃう!と思って当然でしょう。

さあ、それでは、毎日腹筋30回×3セットを忘れずやって、スクワット、腕立ても同じくらい続けましょう!!

・・・って、できないっす。

じゃあ、毎日ササミの肉ばかり食べて、炭水化物減らして、頑張りましょう!!

・・・て、痩せたけど、なんか、やつれた感じ満載。

理想と現実のギャップ。

やったら効果あるのわかってるけど、できない実際の生活。

けど、けど、もう3月。夏まであと3か月。

Tシャツ、ポロシャツ、ノースリーブ。

隠したいけど、隠せない、そのしっかり貯蓄された贅肉。

全然、贅沢してないのに、たまる贅肉。

悲しすぎます。

そして、容赦なく夏はやってきます。

隠そうにも隠せません。

でも、我々は良い時代に生まれました。

努力する時間と気力のない方には、最新の部分痩身マシンがあるじゃ、アーりませんか!のチャーリー浜。

 

当院でご用意できる「部分痩身」メニューは、これ。

1)ウルトラセルQ+・リニア :HIFU(ハイフ)のパワーで、脂肪細胞を減らします。(あご、頬)

2)インフィニ・ハイブリッド :RF(ラジオ派、高周波)のパワーで、脂肪細胞を減らします。(あご、頬)

3)ウルトラセル・ハイブリッド:上記のHIFUとRFを同時に施術し、脂肪細胞の破壊効率を上げて、より早く効果を発現させます。あご、頬)

4)エムスカルプト:筋肉を収縮・増大させながら、同時に脂肪細胞を減らします。(お腹、二の腕、お尻)

5)ヴァンキッシュME:RF(ラジオ派、高周波)のパワーで、広い範囲の脂肪細胞を減らします。(お腹、背中、二の腕、お尻、太もも)

6)セルトーン:衝撃波により、セルライトを減少させます。(お腹、二の腕、お尻、太もも)

7)脂肪溶解注射「ミケランジェロ」:Lカルニチン、αリポ酸などの成分で脂肪細胞を溶解します。(皮下脂肪のあるすべての部位)

 

きれいな体とは、「出るとことが出て、引っ込むところが引っ込んでいる」メリハリのある体のことです。

まずは、ご自身の気になるところから始めましょう。

 

そして、恒例のキャンペーン。

今回は、「ウルトラセル・ハイブリッド」4回コースのキャンペーンです。通常料金の20%オフで提供させていただきます。

さらに、この4回コースをご購入下さった方への特典として、

「エムスカルプト+ヴァンキッシュME 4回コース(一部位のみ)」を通常料金合計300,000円(税別)のところ、50%オフの150,000円(税別)で購入できる権利を付与いたします。

フェイスラインをシャープにして、お腹にくびれを取り戻し、二の腕しっかり引き締めて、ヒップアップも加えれば、この夏はTシャツとデニム姿に自信が持てます!!

LINEお友だちへディスカウントクーポンが届きますので、ご登録まだの方はよろしくお願いいたします。

大阪で、エムスカルプト&ヴァンキッシュMEが同時に受けられるのは、みぞぐちクリニックだけです。

夏までに、ボディスカルプティングで、だらんだらんの醜いカラダにオサラバしようじゃ、アーりませんかっ!

関西人なら必ず知っている、この人、このギャグ。

今、いったい彼は、「いずこへっ?」

 

 

 

 

2020.02.23

「部分痩身プロジェクト大阪2020」「ヴァンキッシュME」の施術ポイントは?

三寒四温というか、なんというか、春が近づいているような、近づいていないような、

それよりも新型コロナで話題もちきりの昨今です。

迫りくる新型コロナウイルスを、「脅威」ととるか、インフルエンザと同じ「ウイルス感染のちょっと強いやつ」ととるか、見方次第です。

まあ、アメリカでは普通のインフルエンザの流行で1万人なくなってますから、それと比較すると、「それほどでもないね」みたいにも思えます。

健常者は、感染しても重症化することはほとんどなく、過剰な心配をしなくても良いということです。

今やることは、手洗い、うがい、エムスカルプトに加え、バンキッシュMEですね。

え、なんでかって?

個室でマシンに脂肪溶かしてもらうほうが、いろんな意味で安全かつ効率的です。

「部分痩身プロジェクト大阪2020」において、院長である私は、見事に「ポッコリおなか」を卒業させていただきました。

「え、こんな程度の努力で卒業できたん?」というくらい、あっさりと1か月、たった4回の施術で目標達成でした。

ダブル主役である「エムスカルプト」と「ヴァンキッシュME」を同時に受けることで、腹回り脂肪に対して満遍なくかつ効率的にアプローチできたのが、短期間での成功要因です。

「エムスカルプト」単独でも、「ヴァンキッシュME」単独でも、ここまでのスピードでの脂肪減少はなしえなかったでしょう。

皆様にも、同時施術をお勧めします。

LINEお友達となって頂いて、「エムスカルプト」を4回コース購入のかたには、「ヴァンキッシュME」4回コースをお得な40%オフの値段でお受けただける特典をご用意しております。

 

さて、その「ヴァンキッシュME」です。

いわゆる「非接触型」のRF(ラジオ波)照射による脂肪溶解可能なマシンですが、効果を最大限に発揮するには、大切なポイントがあります。

こんな風に、挟み込む感じでアプリケーターを近づけるのですが、このデモ写真のような状況では、まったく効きません。

アプリケーターと腹部の距離が開きすぎて、RF(ラジオ波)が脂肪層を通過しません。

実際この状態で受けていても、熱くもなんともないでしょう。

実際の施術では、下の写真ぐらい近づけます。

隙間が1㎝もありません。

5㎜ぐらいでしょうか?

サイドの横っ腹の部分も、隙間が5㎜ぐらいになるように近づけます。

あまり近づけすぎると、やけどの原因になったりもしますので、微妙な調整が必要です。

そして、さらに難しいことがあります。

30分の施術時間の間、体を微動だにせず、お受けいただければいいのですが、実際はそうもいきません。

微妙に体が動きます。

その際に、距離が開き、効率が悪くなることがあります。

ですから、「マシンのスイッチいれて、あとはお任せ、レンジでチン!」みたいに簡単にはいかないのです。

(そうやっている施設は、おそらく効果を出しにくいと思います)

効果をあげるには、スタッフよる定期的なチェックが必要です。

実際は、パネルに「○○%」という表示で伝導効率がわかるようになっていますので、できれば90%以上になるように、アプリケーターの位置を微調整します。

パワーは「170」がスタンダートですが、熱効率が悪ければアップすることも検討します。

数㎜の位置調整でかなりかわります。

「ヴァンキッシュME」の重要ポイントは、このような「電伝導効率を細かくチェックしながらのアプリケーターの位置調整」です。

ちなみに、私は常に95%越えをキープするようにしていました。

慣れると「この熱さなら95%超えてるな」なんて、パネル表示を見なくてもわかるようになります。

その感覚をもとにで、自分とアプリケーターとの距離を調整していました。裏技ですが。。。

クールスカルプティングなどの冷却系は、効果に「個人差」が大きいというのは、知っている人は知っている事実ですが、この「ヴァンキッシュME」については「個人差」というよりも、「クリニックスタッフのこまやかな調整の差」が結果の違いに反映されやすいのではないかと推測しています。

(それにしても、冷却系は、冷たいし痛いし、私と師長さんには全く効果がなかったなぁ)

 

 

というわけで、「部分痩身プロジェクト大阪2020」では、今回は当院の師長さん(推定年齢50歳)が、見苦しいお腹をさらけ出してくれます(笑)

「エムスカルプト」&「ヴァンキッシュME」で、どこまで「くびれボディ」が実現できるか、いざ挑戦!!

 

 

 

 

 

 

 

 

私の方と言えば、あれからさらにボディシェイプは進みました。大胸筋が薄いので、カッコ悪いですが、お腹周り、特に下腹部がぺこんとへこみ始めました。まだまだ壊死した脂肪が消えていきそうです。

「ポッコリおなか」の解消は、オーバー50歳からでも、遅くありません。

「エムスカルプト」&「ヴァンキッシュME」なら、体幹を鍛え、脂肪細胞を減少させ、リバウンドのないシェイプアップを実現できます!

2020.02.16

「部分痩身プロジェクト大阪2020」エムスカルプト&ヴァンキッシュMEで最高のボディメイキング!!

今年から始まっております、「部分痩身プロジェクト大阪2020」は、ダブル主演の「エムスカルプト」と「ヴァンキッシュME」のコンビが大活躍しそうです。

Sさんあらため院長の私自らがモニターとなり、見苦しい裸体を恥ずかしげもなくブログやインスタグラムにひらけ出してきました。

今年で53歳になる肉体の衰えは隠せず、昨年9月から週1回でボクシングジムに通い始めたのですが、いくらか体力は上昇傾向にあるものの、ボディシェイプ、特に「お腹の脂肪」については、ほぼ変わらずでした。

週末に食べ過ぎ、飲みすぎると、まず「ポッコリおなか」となります。

顔よりもお腹の脂肪に変化が現れるのは、アラフォーからアラフィフにかけて特徴的な現象ですが、私もそのまんま体現しておりました。

そして、「エムスカルプト」「ヴァンキッシュME」との出会い。

クールスカルプティングなどの冷却系では、これっぽっちも変わらなかった経験から、痩身機器の「個人差による限界」を感じている私でしたが、「エムスカルプト」と「ヴァンキッシュME」には何か惹かれるものがありました。

そして、ウン千万の投資のもと、この二つのマシン(+セルトーン)を購入し、実際に自分自身に試してみるべし、との理念から、自ら条件を付けて1クール4回を受けてみました。

その条件とは

①極端なダイエットはやらないこと。

②ボクシングのジム通いは今まで同様つづけること、ただし、運動強度は今までと同じにすること

③自重でおこなう腹筋運動は一切やらないこと

 

なるべく、エムスカルプトとヴァンキッシュMEの効果のみが現れるように調整してみました。

 

そして先週4回目がおわり、施術から4週間経過したところでの写真が以下です。ビフォーアフターで

①正面から

 

 

 

 

 

 

 

 

②側面から

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体重は1㎏程度の減少ですが、シェイプは見てのとおり、大きな変化が起こりました。

脂肪が1か月の間に急速に減ったため、皮膚の収縮がついていかず、ややたるみがちですが、それだけ効果があったということです。

ここからは、さらに「エムスカルプト」と「ヴァンキッシュME」を続けながら、「セルトーン」を加えて、皮膚の引き締めを行っていく予定です。

これで8月の53歳の誕生日に向けて、さらにスーパーラブリーな身体を作り上げていきます。

 

「エムスカルプト」「ヴァンキッシュME」「セルトーン」を加えれば、最小限の努力で最大限の効果が期待できます!

 

 

 

 

 

2020.02.16

エンビロンから新登場「フォーカス エヴァネッセント プラスシリーズ」

2月も半ばすぎました。

毎回言いますけど、「時間たつの早すぎ」です。

「時間経過」とともに、我々のカラダは確実に「老化」します。

自然には、絶対に止まりません。

つまり、「老化」は、もうフツーのスピードじゃなくて、猛烈なスピードで進んでるとも言えますね。

でも、怖がらず、焦らずに、やるべきことを粛々とやるのです。

「効果なかったらどうしよう」「無駄になったらどうしよう」「ずっとやらないといけないなんて、経済的にキツイ」

はい、そう思った方。このブログを読むのやめましょう。

中途半端に迷わず、着実に進む「老化」を受け入れ、違うことにコストをかけましょう。

おいしいレストランの食事、スイーツ、洋服、孫のランドセル、老後の介護資金などなど、選択肢は山ほどあります。

なのに、「なぜ、私は、美容に、肌に、痩身に、お金をかけるのか???」

自問自答してください。

納得がいけば、迷わずGO!です。

少々の無駄はあるでしょう。

それでも、これまでの人生で無駄にしたお金に比べれば、これから先、美容にかけるお金などたかが知れてます。

いろいろ試行錯誤して、自分に合った施術を見極めること。

自分にあったコスメを探し当てること。

近道は、「他人の評価」よりも「まず自分に合うかどうか、実践」すること。

あれ?、これって人生や仕事にも当てはまりますよね。

100%成功を約束された人生なんて、絶対ないです。

100%自分にピッタリの仕事なんて、絶対ないです。

「投資」という言葉がありますが、「100%確実に成功する投資があります」なんて言われて、本気で信じる人がいるでしょうか?

まあ、大体こんな話は胡散臭いですよね。

自分への「投資」も同じこと。

「この資格を取れば、100%いい職種につけます」

「このスキルを身に着ければ、100%給料がアップします」

「この施術をうければ、100%肌がきれいになります」

まともな人間なら、こんなこと口が裂けても言えません。

「人生に、100%なんて、ない」

当たり前ですが、忘れがちなことです。

 

その「人生の原理原則」を理解したうえでチャレンジし続ける人に、「勝利の女神」は微笑みます。

 

さて、話はかわりまして、エンビロンから新しいコスメが発売されました。

その名も「フォーカスエヴァネッセントプラス シリーズ」

・・・言いにくいです。

「フォーカス エヴァネッセント プラス シリーズ」

・・・スペースで区切ると多少言いやすくなります。

「ルーセントプレップローション」と「ルーセントブライトセラムⅠ&Ⅱ」と「Cブーストクリーム」の4つです。

キーワードは「メラニン産生抑制&抗炎症」

成分を見てみると、特にエンビロン独自の物はなくて、さまざまな既存のコスメ成分を、「これでもか!これでもか!」と詰め込んだものです。

彦摩呂の顔にぬったら、「ん~、美白成分の宝石箱や~」と叫びそうなくらい。

以下、それぞれのメインとなる成分を列記してみました。(Cブーストは省略)

ルーセントプレップローション:8,000円

◆セピホワイトTMウンデシレノイルフェニルアラニン)
◆ビタミンB3(ナイアシンアミド)
◆α―アルブチン

 

 

 

 

ルーセントブライトセラムⅠ&Ⅱ:14,000円

ルーセントブライトセラムⅠ

◆バイオベネフィティ(アーチチョーク葉エキス)
◆プリンセスケア(ヒメフロウエキス)
◆乳酸

ルーセントブライトセラムⅡ

◆ビタミンB5(パンテノール)
◆アルピニアホワイト(アルピニアカツマダイ種子エキス)
◆クレア―ジュ®(プルーン分解物)
◆ニーム葉エキス(メリアアザジラクタ葉エキス )
◆サクラ葉エキス(ソメイヨシノ葉エキス )
◆ハニーブッシュ葉エキス

 

「ほんまに効くんか?」

と言われたら、「こんだけ入れたんやったら、効くんちゃうん?・・・・知らんけど。」(笑)

・・・て、なりそうですが、天下のエンビロンが満を持して発売してきたので、それ相応の自信作ではなかろうかと思います。

ご興味のある方、チャレンジ精神に満ち溢れている方は、是非お試しください。

え、高すぎるって?

わかりました。

LINEお友達限定ですが、最初の1回のご購入のみ、上記3品セットに、クリニックポイント「30%」つけます!!!!

ただし、在庫は置けませんので、注文かつ前金でお願いいたします。

ご購入の際に、スマホに送られてきたクーポンをご提示ください。

 

そして、「部分痩身プロジェクト大阪2020」の主役「エムスカルプト」「ヴァンキッシュME」も皆様のお越しを今か今かとお待ちしております。

新しい美容施術情報に敏感な方からは、早々に予約を頂いております。

 

 

彦摩呂さんも、来てくれたらいいのに。

「みぞぐちクリニックは、痩身マシンの宝石箱や~」

2020.02.11

ダーマペン4+成長因子でかなう超美肌!

今日は暖かい祝日でした。

私の自宅は関西国際空港に程近いところにありますので、りんくうアウトレットにもアクセスが非常に良いので時々行きます。

いつもの祝日ならば、中国人&日本人でごった返しているはずなのですが、今日はほんとに人が少なく、平日並みでした。

コロナウイルスの件が鎮静化するまで、大阪のインバウンドも一休みといったところでしょうか?

こんな時はショッピングよりも自分磨きに時間とコストをかけておきたいものですね。

「部分痩身プロジェクト大阪2020」は、「エムスカルプト」と「バンキッシュME」に、「セルトーン」、「ウルトラセルQプラス・リニア」、そそして「インフィニ・ハイブリッド」を加え、皆様のゆるっとしたお身体を5年は若返らせて見せましょう!的な意気込みですが、本来の「美容皮膚科」的な施術も、さらに充実させております。

2月は、いよいよ「ダーマペン4」が本格的に稼働いたします。

目的は、他のフラクショナルレーザー系と同じで、「肌のテクスチャー改善」です。

毛穴の開大改善、ニキビ跡改善、小じわ改善、ざらっとした肌を滑らかに整えることなどが最大の目的です。

エコツーなどの「炭酸ガスフラクショナルレーザー」では、表皮をいくらか蒸散させながら、真皮層まで小さな穴をあけて皮膚を再生させますので、効果は絶大なるものがあります。

一方、ダーマペンはカートリッジ先端についた16本の針が肌に「機械的に」孔をあけますので、蒸散作用がない分、肌の再生効果においてはエコツーに劣ります。

しかし、ダーマペン4はエコツーとは異なりレーザーによる「熱」の発生の影響がないため、「顔の赤みが4~5日続く」「肌にざらざらとしたかさぶたができる」などのダウンタイムがかなり少ないのです。

また、麻酔クリームを塗っておけば、エコツーに比べて痛みはかなり少なくなります。

ゆえに、

①エコツーの4~5日間続く、ダウンタイムが許容できない。

②エコツーの「熱い・痛い」感覚が我慢できない。

③エコツーほどの絶大な効果は期待しないが、徐々に美肌に近づきたい。

といった方には最適と思われます。

ただし、ダーマペン4では、カートリッジ先端の針の長さを0・5~2.5㎜まで変化させることができますので、「真皮までがっつり」深く施術すると、皮膚の出血もそこそこ多くなります。

ただし、この出血こそがダーマペン4の効果の裏打ちでして、血液中の成長因子やサイトカインなどの組織修復&再生に必要な物質が表皮&真皮に漏れ出ることによって、再生効果が上がるのです。

ですがそれは心配には及びません。

皮膚表面の出血は術後しばらくすると必ず止まりますし、皮下出血も思いのほか消退が速いようです。

それでも術後の皮下出血や赤みが気になる方には、「カバー・リカバー」というコンシーラーのようなクリームをお渡していますので、日常生活では格別不都合は起こらないようです。

先日、デモ患者さんにご協力いただき、目の周りのシワに対しかなりアグレッシブに施術をしたところ、想定以上に皮下出血が残りました。

しかし、「カバー・リカバー」でほぼ完ぺきにコンシールできたので、術後のダウンタイムはほとんど気にしなくてよかった、と言っていただきました。

 

 

 

一般的に言って、フラクショナル治療というものは、組織に傷をつけることによって「自らの治癒力」を利用して肌を再生するものです。

故に、個人や年齢による肌の再生能力の違いが結果に反映されて当然です。

その差をなくすためにも、フラクショナル治療には「成長因子」の塗布が必須と私は考えています。

エコツーを継続していたひどいニキビ跡の方の肌の改善度が、成長因子を使うと使わないとではかなり違うことからも納得できます。

特に「エクソソーム」という成長因子の一種が高濃度に含まれている「ASCE+」という製品は、かなりの効果を出してくれました。

値段的に高い「アムニオジェニックス」よりも、もしかしたら効果は上回るのではなかろうか?、とちょっと思い始めています。

最終的な結論はこれからわかることでしょうが、値段と効果のバランスでは、今のところエクソソーム」がたっぷり入った「ASCE+」が一番よいでしょう。

1バイアル30,000円(税別)で決して安くはございませんが、お試しいただく価値は十分にあります。

また、ダーマペン4とマッサージピールを組み合わせての「ヴェルベットスキン」も巷で好評ですが、ちょっとhardな治療でもありますので、美容上級者の方だけにお勧めしたいところです。

この施術は、マッサージピール単独のライトな感じではなく、結構ピリピリとした痛みもあります。

効果アップとともに強い刺激を許容できる方のみOKだと思ってください。

 

 

 

 

というわけで、2月のお得なキャンペーンは、「部分痩身プロジェクト大阪2020」に引き続き、

「ダーマペン4+成長因子でかなう超美肌!」と題しまして、LINEお友達に限定ではございますが、クーポンでドドーンとお届けいたします。

過去に単独でダーマペンを受けられて、「今一つ効果がわからない」方も、初めてダーマペンを受けられる方も、このお得な機会に「成長因子」を加えたダーマペン治療をご経験ください。

繰り返し繰り返し施術を続けることにより、理想の肌質に近づくことでしょう。

 

 

「美しさは忍耐と継続の賜物なり」

ちょっとだけ美容皮膚科施術を体験して、「なんか効果がよーわからん」と言ってやめる方が9割以上のこの世界で、本当の効果を享受しているかたは、とにもかくにもしぶとく「続けている」残り1割の方だけです。

私なんかは、効くものも効かないものも全部ひっくるめてこの5年間体験してますので、結果として肌年齢は52歳のおっさんの平均値よりかなり若めになっています。(こう言ってしまうと、かかったコストの話になってしまいますが・・・)

理想は40代前半から、遅くとも50代半ばまでに、美容施術を開始して継続することにより、素敵な60代をゲットできます。

 

そして、それは肌も肉体も一緒です。

「部分痩身プロジェクト大阪2020」は単なる「痩身」治療にとどまらず、衰えていく肉体を目覚めさせる「喝」でもあります。

体幹を鍛えることにより、最終的には全身のエイジングケアに結び付けていくことができます。

まずは、中年以降に増えてくるお腹の脂肪に対してアプローチしてください。

「脂肪をとる」だけでなく「体幹を鍛える」ことができる「エムスカルプト」は、理想の部分痩身機器と言えるでしょう。

「ヴァンキッシュME」を加えることにより、さらなる効果アップが期待できますので、一度お試しください。

もちろん、ヒップアップ、二の腕の「振袖」減少、太もものサイズ縮小などにも効果が期待できます。

夏まで、あと半年。いや、肌の露出する季節までには、あと4か月しかありません。

でも大丈夫。

「エムスカルプト」と「ヴァンキッシュME」と「セルトーン」は、皆さまの美しい肉体づくりに一役買わせていただきます!

Sさん改め、院長の私、エムスカルプトでかなり腹囲が減りました。

週一でボクシングジム通ってますが、ストレートパンチが「パシン」から「スパーン!」に変わったような気がします。。。

来週には、4回終了後のビフォー&アフター、アップしますので、お楽しみに!

2020.02.03

エムスカルプト&ヴァンキッシュMEで「部分痩身プロジェクト大阪2020!」がいよいよ始まります!

朝は寒く、日中は比較的暖かいです。

巷では、インフルエンザウイルスは昨年の猛威を潜め「冬の極悪キャラ」の立ち位置を新型コロナウイルスに奪われております。

新型コロナウイルス予防のためマスクは飛ぶように売れ、と言うか、もう売れるマスクも店舗には全く無いほどですが、そのおかげでインフルエンザウイルスは、ますます拡散の場を失っております。

一般内科・小児科も担当する私としては、疾病が少なくなることは喜ばしいことではありますが、クリニックの経営者としては複雑な気分にもなったりします(汗)

医師というものは、患者様の位置をマイナスからニュートラル、さらにはプラスへと導く職種であります。

「トラブルシューター」と言えば格好が良いですが、基本人々のアンハッピーの上に成り立つ職業ですから、そのアンハッピーな人々が少なくなると同時に仕事が減ってしまうという不都合な面もあります。

そういう意味では、弁護士さんと同じですね。

一方、美容皮膚科医としての私の立ち位置は、ちょっと違います。

もちろん「トラブルシューター」の一面もありますが、どちらかと言えば「愛(美?)の伝道師」的な感じでしょうか?(笑)。

梅田でも心斎橋でもなく、八尾市と大阪市平野区の境目で地道に店を続ける「ちょっとええもん置いてるローカルコンビニ」的な役割でもあります。

美容皮膚科を身近なものに感じてもらい、継続的に続けていただくことによって、「アンチエイジング」を超える「ウェルエイジング」の方法を紹介する、という理念の下に美容皮膚科部門を立ち上げました。

そのコンセプトは、開設から5年が経過した現在も変わりありません。

週3日しか開けてない美容皮膚科クリニックとしては、かなりオーバースペックになりつつありますが、日本のトップレベルと同じ治療内容にするには、そこにコストをかけないわけにはいきません。

そのかわり、大手美容皮膚科クリニックのような「豪華絢爛・高級路線」は捨ててますので、クリニック内の余分な装飾やディスプレイにはそんなにコストをかけていません。

当院の美容は、「質実剛健」で「本物志向」であるべきと思っています。

 

さて、その「ウェルエイジング」を実現する一つの方法として、「部分痩身プロジェクト大阪2020」を企画しているのは、皆さまもご存じの通り。

「エムスカルプト」「ヴァンキッシュME」「セルトーン」「ウルトラセルQプラス・リニア」「インフィニ・ハイブリッド」を用いて、ぶよぶよと悲しく変化したお身体を、キュキュキューッと締め上げて見せましょうという、この企画。

2月の声を聞き、そろそろ皆様にご体感していただく時期となったようです。

でも、その前にモニターのSさん(推定年齢52歳)の経過が気になります。

エムスカルプト+ヴァンキッシュMEを計3回受けて頂きました。最初の施術から17日が経過しております。

「ビフォー」&「アフター」の順で写真を並べてみました。

正面写真で見ると、両サイドの脂肪が減ってきてます。

腹直筋も上2つが盛り上がってきます。

写真よりも実物のほうが、変化がはっきりとわかりるのですが、パッと見の印象が違うことに気づいていただけると思います。

 

 

 

そして、側面。これも「ビフォー」&17日後の「アフター」

こちらのほうが、わかりやすいですね。

脂肪が減ってきたこともありますが、腹筋が鍛えられたことによって、自然にお腹がへこむ姿勢をとれるようになっています。

お腹の脂肪をつかんだ時に、明らかにつまめる量が減っています。

この間体重は1㎏も減っていません。

脂肪は明らかに減り、代わりに筋肉量が増えていることが推測されます。

正直、短期間でここまでの変化が生まれるとは思いませんでした。

クールスカルプトなどの冷却系を受けても、まったく減らなかったこのSさんの腹部脂肪が、エムスカルプトとヴァンキッシュMEのおかげでじわりじわりと減っております。

壊れた脂肪細胞は、ここからさらに吸収されていくはずです。

この2つの機器、特にエムスカルプトの最大の特徴は、「筋肉を鍛えながら、脂肪を分解できる」ことにつきます。

これは、冷却凍結系の痩身機器では全く実現不可能なところです。

お腹がポッコリ出てくるのは、皮下脂肪の増加以外に、腹筋群の脆弱化も関係しています。

綺麗な姿勢をとれば、ある程度お腹がへこんだスタイルになります。

腹筋が弱い状態だと、到底その姿勢を維持することはできません。

エムスカルプトは、腹直筋と腹斜筋を30分で2万回収縮させて、短時間での筋力増強を実現させます。

腹筋が鍛えられると、姿勢が良くなることに加え、日常の動作がスムースに行えるようになります。

腰痛も減ります。

なぜなら、「腹筋」を鍛えることは、すべての動作のベースとなる「体幹」を鍛えることに他ならないからです。

エムスカルプトを続けることにより腹筋が鍛えられると、さらに意識は腹筋に向かいます。

腹筋を意識するようになると、今度は自分のカラダ全体を意識するようになります。

カラダのことを気遣い、食事にも気を付けるようになります。

エムスカルプトに費やしたコストも、痩身への動機付けになります。

やはり「筋肉を鍛える」ことは痩身のみならず、すべて「健康」へとつながるのです。

 

エムスカルプト単独よりも、ヴァンキッシュMEを同時施術するほうが、やはり脂肪細胞は減少しやすくなります。

施術後に「セルトーン」を照射して、その衝撃波で、脂肪をさらに除去しやすくすることもできます。

 

2月からの「部分痩身プロジェクト大阪2020」では、顔以外の部位には下記のメニューがラインアップされます。

①エムスカルプトα(腹部、臀部、二の腕、ふくらはぎ)30分照射

②ヴァンキッシュME(腹部、臀部、背中、ふともも)30分照射

③セルトーン(セルライト除去、脂肪分解促進)10分前後

 

最も効果的な方法は、エムスカルプトとヴァンキッシュを同日施術し、1~2週間間隔で1クール(計4回)で行うことが推奨されます。

セルトーンはご希望のある方のみのオプション的なもので良いかと思います。

もちろん、セルライトが気になる方は必須です。

 

料金設定ですが、エムスカルプトは、初回10万円(税別)が、20%オフの8万円(税別)に変更になります。

以後2回~4回までの料金は、続けてご来院できる方に限りますが、かなりの好条件を提示できます。(詳しくはLINEで)

ヴァンキッシュMEは、通常1回3万円(税別)です。4回コースで10万円(税別)となります。

 

さあ、皆様、スッキリとしたボディで夏を迎えましょう!

エムスカルプト&ヴァンキッシュMEで、自分の努力だけではを手に入らない理想の体型をゲットしましょう!

 

 

 

 

最後に、ヴァンキッシュ施術中のSさん。・・・・・寝てます。

2020.01.13

大阪発、エムスカルプト&ヴァンキッシュのハイブリッド!部分痩身プロジェクト大阪2020!

「部分痩身プロジェクト大阪2020」の詳細をブログで書き始めて、各方面からお問い合わせをいただいております。

美容医療のトレンドは、やはりアメリカや韓国、ヨーロッパが最先端で、その後日本にやってきます。

エムスカルプト&ヴァンキッシュMEも例外でありません。

まず5年ほど前に、アメリカから「非接触性RF(高周波)痩身機器」として、ヴァンキッシュMEが来日しました。

機器本体の値段の手ごろ感もあり、瞬く間に日本全国のクリニックへ広がりました。

ヴァンキッシュMEは、前回のブログでご説明した通り、

「『セレクティブRFシステム』により、深さ約2.5㎝までの脂肪細胞を44~45度に温めて、細胞壊死を誘発」します

「腹部、背部、大腿などに比較的広い範囲の部分痩身に向いて」います。

ヴァンキッシュMEの効果を検討した医学論文を読んでみると、「1クール(4回)で腹部脂肪の厚みが平均5㎜減少した」とのことです。

「少なっ!」と思われることでしょう。

ヴァンキッシュMEは、侵襲が少ない分、急激に脂肪が減ることはありません。(中には、著明な効果が出る方もいらっしゃいますが)

その分、1回あたりの値段がお手頃です。

他の「冷却系」の部分痩身機器での料金は1回6~8万ですが、バンキッシュMEは、1回2~3万が相場です。

冷却系の機器を1回やっただけで望み通りの効果が出る方はいません。効果が出ても3ー4回は必要でしょう。

当院のヴァンキッシュのメニューでは、1クール(4回)で10万円ですが、20万円分(2クール)も行えば、ある程度目に見える効果が期待できます。

毎週施術を受けるとして、約2か月で平均10mmの厚さの脂肪が消えてなくなるのです。(もちろん、効果には個人差があります)

そして、2018年アメリカで発売されたHIFEM理論を応用した部分痩身機器「エムスカルプト」は、現地では爆発的なブームを引き起こしました。

従来の「脂肪減少」に加え、「筋肉増大」というおまけがついていますので、従来の部分痩身機器よりきわめて「健康的」な変化を起こします。

こう書くと、一般女子の中では「そんな筋肉隆々にはなりたくない」とネガティブな意見が必ず起こりますが、心配ご無用です。

エムスカルプトでは、綺麗に筋肉をつけ、脂肪を落とすだけです。

筋肉隆々になるためには、もっと重い負荷をかけたトレーニングが必要なのですから。

またアンチエイジング的な意味からも、腹筋を鍛えることは体幹を鍛えることになりますから、非常に大切です。

さらに、女子たちにとっては「美尻」も大切ですから、ちょっと恥ずかしい気持ちを乗り越えて、エムスカルプトを1~2週に1回、計4回当ててみてください。キュッとした、デニムの似合うヒップが出来上がります。

夏までは、余裕があると思っていても、あっという間です。

 

そして当院は、エムスカルプトとバンキッシュMEの両機種を導入している、日本でも数少ない施設の一つです。

双方の機器を同日施術することで、さらなる効果を引きだすことができそうです。

 

さて、肝心の料金ですが、HPの表記上は大人の事情で、「エムスカルプト1部位110万円、 リピート特価」となっております。

実際は、1クール(4回)の総額は、福沢諭吉20人以下で設定する予定ですから、LINEで飛んでくるご案内をお待ちください。

また「ヴァンキッシュME13万円4回コース10万円」との価格は、初期のキャンペーンではエムスカルプトとの抱き合わせで驚愕のお値段に設定するつもりです。これまたLINEメッセージでのクローズドされた中でしか、お知らせいたしませんのでお見逃しなく。

さあ、「部分痩身プロジェクト大阪2020」は、さらにヒートアップしてきますよ。

名実ともに「大阪で部分痩身といえば、みぞぐちクリニック!」にしたいですね。

2020.01.10

エムスカルプト&ヴァンキッシュMEでお腹周りの浮き輪を撃退!

さて、前回のウルトラセルQ+「リニア」で頬とあご下の脂肪を撃退したのちは、年齢をとわず気になる「お腹周りの脂肪」に目を向けましょう。

このお腹周りの脂肪、ご存じの通り、なかなか取れません。

20,30代の基礎代謝がまだまだしっかりある方であれば、運動とダイエットで効果が期待できますが、40代以降になるとなかなかそうはいきません。

成功したとしても、40代以降の痩身目的のダイエットは、顔だけやせてげっそりした感じになることもあり、注意が必要です。

そして何よりも、「きつめの腹筋を毎日30回×3セットを3か月続けましょう」と言われても、できる人は限られているという現実。

私も最近になって、定期的な運動を始めましたが、体重は減っていくわりにはお腹周りの皮下脂肪がなかなか減らないのを実感しています。

私は決してメタボ体形ではないのですが、Tシャツなどを着た時に、お腹だけポコッと出てる自分の写真を見ると、げんなりしますので、これだけは何とかしたい。

これは、ある52歳男性Sさんの実際のお腹の写真ですが、この方もメタボ体形ではございませんが、お世辞にも美しいとは言えません。

172.5㎝の71.5㎏ですから、肥満でもありませんが、なんとなくだらんとしてます。

やはり、加齢と運動不足によって腹筋と背筋が弱くなり、腹筋による制圧がないため、お腹に力を入れないリラックスの状態だと、腹直筋の上の脂肪の塊が前方にポッコリ出てきます。

それに加えて、ちょうど両サイドの腹斜筋あたりに乗っている脂肪の塊によって、一連の「脂肪の浮き輪を」が形成されています。

この方に「部分痩身プロジェクト2020」のモニター患者さんとして、ご参加いただき、経過を追っていきたいと思います。

さて、そのプロジェクトとは?

エムスカルプト 1~2週間に1回を計4回。

ヴァンキッシュME 1~2週間に1回を計4回

たったこれだけです。

(セルライトのある方は「セルトーン」でセルライトを潰しながら、並行して上記2機種を受けて頂きます。)

 

エムスカルプトはヴェリテクリニックさんについで、関西では2番目の導入です。(2020年1月10日現在)

ヴァンキッシュは湘南美容クリニックさんをはじめ、全国の美容皮膚科クリニックに導入されています。

ただし、エムスカルプトとヴァンキッシュMEの両方を使用しているクリニックは全国でまだ数えるほどです。

なぜ、エムスカルプトとヴァンキッシュの両方が必要かといいますと、どちらも同じ部分痩身のマシンですが、それぞれ効果発現の理論が異なるからです。

 

エムスカルプトは、HIFEM理論により深さ7㎝までの筋肉を収縮させ肥大を引き起こし、さらには脂肪細胞の壊死を誘発します。もちろん筋肉量も増えて基礎代謝が上昇するため、リバウンドが起こりにくくなります。

また、エムスカルプトで腹筋を鍛えることで、体幹がしっかりするため、日常生活の諸動作が楽になります。

アスリートの方であれば、競技能力の向上が望めます。

おっさんゴルファーであれば、ドライバーの飛距離が20ヤードは伸びます。

ヴァンキッシュMEは「セレクティブRFシステム」により、深さ約2.5㎝までの脂肪細胞を44~45度に温めて、細胞壊死を誘発します。

腹部、背部、大腿などに比較的広い範囲の部分痩身に向いています。特に腹部の両サイドにある脂肪には、エムスカルプトよりも効果が出やすいと思われます。

この二つのマシンを連続して受けて頂くと、それぞれ単体の施術よりも、効果発現の確率は上がります。

 

今のところエムスカルプトは1回10万円という高額な料金ですが、当院ではLINEお友達限定で「リピート特典」を設けています。

一度受けていただき、効果を実感できた方は、2回目以降を「リピート特典」を利用してお得な料金で受けることができます。

(詳しくは1月中にLINEメッセージで送られるクーポンをお読みください)

さあ、「部分痩身プロジェクト大阪2020」に参加した、Sさんの今後やいかに!!

楽しみにご期待ください。