ドクターMの「美と健康のかかりつけ医」ブログ

2019.01.02

新年に「美容医療とはなにか」をマジメに考えてみた。

新年、あけましておめでとうございます。

昨年は、レーザー機器を4台も購入しました。
うちインフィニ・ハイブリッドは超絶な人気を博して、当院の人気トップメニューとなりました。

もちろん、美白治療の定番であるライムライトをはじめ、トリニティプラス、デュアルピールなどもお気に入りの上位に入っております。
また、リフトアップマシンのウルセラは、コンスタントに人気がございます。
などなど、合計10台の機器を駆使して、なんとか皆さまのお役に立つことができました。

 

開業して5年、美容皮膚科を立ち上げて4年。
当院の理念をそのまま法人名の「癒美会(ゆうびかい)」に投影し、「癒し」と「美しさ」を皆様に提供するように、努力してまいりました。

なぜ、私は美容医療を始めたのか?

保険診療だけで、経営的には十分であるはずなのに、なぜ「美容皮膚科」という、ある意味リスクのある科を立ち上げたのか?

年の初めに、あらためて自問自答してみます。

まず、美容医療とはいったい何のために存在するのでしょうか?

私は、救急専門医、循環器内科医として、20年以上臨床医療の最前線で働き、何百、何千の患者さんを診てきました。

そこでの医療の目的は、時には病気の治療であったり、時には安心感を与える助言だったり、時には単なる延命であったり、さまざまなものでした。

すべてに共通する目的は、ただ一つ。

「生命と健康をおびやかされることからの解決策」を提供することでした。

人間の欲には「生理的欲求」と「社会的欲求」があります。

前述の医療行為は、「生命を維持する」という生物としての自然な「生理的欲求」を満たす方策です。

反対に、芸術や音楽、ファッションなどは「人間としてより良く生きていきたい」という「社会的欲求」を満たす方策です。

この「社会的欲求」を満たすものが、「生命の維持」に必須か?と言われると、どうでしょうか?

おそらく「なくても何とかなる」ものがほとんどだと思います。

でも、「これのおかげで、ワクワクして気分もアゲアゲだし、生きてて良かった!」と実感するものです。

美容医療もまさにこれです。

生物として生きていくには必須ではないけど、私たちの人生に花を添えてくれる素晴らしいモノの一つです。

社会的生物である私たちは、「生きるためだけに、生きる」存在ではないはずです。

私たちを人間らしくしているのは、より良く生きていきたいという「社会的欲求」なのです。

美しいものを愛で、自分も若く美しくありたい、と願うのはとても人間らしい「社会的欲求」の一つです。
そこに価値を見出し、相応の投資することはとても素晴らしいことだと、私は思います。

美容医療は、贅沢でも浪費でもありません。
極めて文化的な人間らしい行為です。

食べて、飲んで、寝るだけの「生理的欲求」を満たすより、よっぽど人間らしい行為です。

そうだと確信しているからこそ、私はこの分野を研究し、実践し、極めようと思ったのです。

カッコよく、若々しく、はつらつと、自分に自信をもって、背筋を伸ばして生きる術の一つとして、美容医療は存在するのです。

今年も、皆さまの人生を彩るお手伝いをさせてください。
最新、最良の情報をアップデートし、安全な美容医療を提供できるよう精進いたします。

さあ、今年後半には、当院でもいよいよ「ピコレーザー」が導入されます。
現時点で最良のピコレーザーと評価の高い、シネロン&キャンデラ社の「PICOWAY(ピコウエイ)」の採用が決まりました
従来の「Qスイッチレーザー」では成しえなかった治療効果が期待できます。
おそらく、今後は「ピコレーザー」が色素治療と美肌治療の主役となっていくでしょう。

皆さま、楽しみにお待ちください。

2017.11.24

ピコレーザーは、今「買い」なのか?

知っているヒトは知っている、美容マニアなら必須の知識、その名は「ピコレーザー」

2013年に鳴り物入りで登場したこのレーザーは、着実に美容医療の中で存在感を増してきています。

現在では、「ピコウエイ」「ピコシュア」「エンライトン」「スペクトラピコ」「ディスカバリーピコ」の5機種が主に使用されています。

有名美容クリニックでは、必ずと言っていいほど導入されていますし、HP上でもメインとなる位置に宣伝されています。

ただし、まだまだ一般的なものではありませんので、価格は1台2000万前後と高額です。

そのため、施術料金もそれなりの高額で、従来のナノ秒レーザーの倍以上でないとビジネスとして成り立ちません。

では、その値段に応じた価値があるのか、否か?

様々な視点から、検討してみました。

まずは、レーザー界の重鎮、葛西健一郎先生の最新著書を読破。

内容を簡潔にまとめると、

「刺青除去には、従来レーザーよりもかなり良い」

「老人性色素斑、ADMなどの除去については、従来レーザーでも十分なので、優位性はあまりなし。」

「レジュビネーション(肌質改善)については、期待できるところが大きいが、まだまだ経験が少ないのでわからない。これから評価されて行く。」

うむむ、全体的な論調は「ピコ秒レーザー、最高じゃ!万歳!」というよりも、「革新的なレーザー技術だし、いい機械には間違いない。けど、まだまだこれから発展の余地あるね」といった感じです。

もっとピコレーザーを持ち上げて書いているのかと思っていたので、まったく意外でした。

そして、本日京都で開催されたシネロン・キャンデラのセミナーで、講師の小林直隆先生(愛知県の咲くらクリニック院長)にも聞いてみました。

「なんでも聞ける」セミナーですから。シネロン・キャンデラにとって少々耳の痛いことでも、聞いてしまいました。

私「先生、率直に聞きます。ピコレーザーは、今買いですか?そうじゃないですか?」

小林先生「うーん、先生がピコレーザーに何を求めるのかにもよるけど、刺青以外のことに使おうとするならば、まだ買わなくてもええかな?」

やっぱり、そうなのですね。

なんとなくわかってましたが、ピコレーザーはまだまだ「未完の大器」といったところでしょう。

今年ドラフト1位で日本ハムに指名された清宮選手みたいなものです。

「将来、日本のプロ野球を背負って立つ逸材には違いないが、まだまだ本当の意味でのスターじゃない。さらにトレーニングと経験を積み、洗練されてトップスターとして成長してほしい」

現在におけるピコレーザーの立ち位置は、こんな感じでしょうか?

そういえば、ルートロニック社のITO社長も同じ見解で、

「うちにはスペクトラピコがありますが、まだまだ未完成です。(日本法人としては)まだピコレーザー購入をお勧めしません」

と、コメントしてました。

以上、結論として『ピコレーザーは、今は「買い時」ではない!』と判断し、あと数年は購入を見送ることに決定しました。

さらに熟成され、価格も下がったところで、最も洗練されたメーカーの機種を購入する予定です。

私どものような規模のクリニックは、最新機種を高い値段で買う必要は全くありませんので、

評価の定まった安全で効果的な機種を安い値段で買い、施術料金に反映することが最もメリットがあると思います。

また、前述の小林先生は、次のようにもおっしゃっていました。

「一つのレーザーで、すべてのヒトの問題が解決することはあり得ないので、効果がないと判断したら、違う方法を試してみましょう。」

これはすべての医療行為に当てはまる真実です。

最初から「絶対効く」治療を選択できる神様のような医者はこの世に一人もいませんから。

来年2月からは、「痛くない美肌&リフトアップマシン」である「インフィニハイブリッド」、「痛みの少ない王道脱毛マシン&美肌治療マシン」である「クラリティツイン」が加わり、これまで以上に患者様のニーズに合わせた美容治療ができるようになります。

みなさま、2月には素晴らしいキャンペーンをぶち込みますので、楽しみにお待ちください。

よろしくお願いいたします。